ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

人生において大切なモノの見つけ方。僕がミニマリストになった理由(わけ〜。

子供からは異様に好かれる。

ミニマリストブロガーイカキムですコンニチハ!

 

 

【誰かを助けるのに理由がいるかい?】

 

人間や動物が仲間(他者)を助けるのは、種の保存において重要なコト。

個より集の方が、遺伝子は生き残りやすいからです。

そんな考察を10歳くらいの時に漫画『寄生獣』で読みました。

それは利己であるのか利他であるのか。

 

魔方陣ぐるぐるに登場する”リコの花”。その身を犠牲にし、装備した者を1度だけ守ってくれます。なにを以て守るのか。人間というものは何かにつけて理由や意味を求めがちです。

ま、漫画ですからといえばそうですが、敢えて自分勝手に考察してみると面白かったりします。

魔法陣ぐるぐるの、リコの花が飛び散るシーン。

 

 

で、(わたくしイカキムがミニマリストになった理由でございます。

 

FF9のジタン

 

 

ミニマリストになって苦節4ヶ月、いや苦でもなんでも全くなく、針の筵(むしろ)のようなミニマリストになる前と比べて、むしろ物理的な欲求も心理的な欲求も減り、精神的にも落ち着き、部屋も片付き、

いまでは身長も5cm伸び彼女には振られました!

 

はい。

 

はいじゃないが。

 

 

あの頃はとかく、ココロの落ち着くしまもありませんでした。

なにかと心配ごとが増え、環境が変わり、おだやかではありません。

しまいには不安障害を発症し、動悸はするわ過呼吸にはなるわ、突然人前で泣き出すわ。

かと思えば右上あたりをジッと見つめて返答には応じず、あわやウツまでも併発。する前に病院へかきこみました。もとい、駆け込みました。

 

精神安定剤を処方されるも、イットキは落ち着くのですが、根本は自身で解決せねばなりません。

 

 

私はインターネットサイトで、”心に余裕を持つ方法”を調べました。

 

音楽を聴く、朝早く起きる、歩く、規則正しい生活をする、バランスのとれた食事をする、などなど。

調ればいくつもいくつも出てくるのですがその中に、”大切な何かをみつける”というものがありました。

大切なモノやコトやヒトを持つ人は、強い心を持ついうのです。

 

私は自分にとって大切な何かを思い浮かべようとしましたが、なにも出てきません。

数時間で答えを出せる人もいれば、一生をかけて探し求める人もいるそうです。

 

 

しばらく考えに考えぬいて、それでも見出せなかった私は、”人生において大切なモノの見つけ方”を調べました。

そして見つけたのが、ミニマリストでした。

 

ミニマリスト、という存在は知っておりましたが、何も持たずなんの楽しみもない、人生を諦めた人たち、という認識を私は持っておりました。

しかしながらミニマリストを知っていくうち、それは自分の勝手な色眼鏡であったコトを認めざるを得ませんでした。

 

ミニマリストとはモノを持たない人たちなどではなく、大切なモノ、必要なモノだけを持つ人たちなのだと。

 

少なくとも自身の所有物を捨ててしまえば、大切なコトやヒトは見つけられなくても、モノは見つかるのではないのか。

コトやヒトはそのアトでゆっくり探せば良いのではないか。 

 

 

そう考え始めた矢先、ミニマリストという言葉を広めたとされるしぶさんのブログにたどり着きました。

TVで彼を拝見したコトがあります。

sibu2.com

 

私は彼のブログから記事タイトルに目を通し、自分に必要と思う記事だけ、タブによけていきました。

 

100くらいあるしぶさんの記事の中で、後でじっくり読もうと脇においた記事はたったの2つでした。

 

私は1人で大笑いしました。

ミニマリストが書いた記事で、読もうと思ったものがたったの2記事だったコトに。

 

 

かくして、私はミニマリストになることを決意したのです。

 

 

イカキムでした!

 

 

アイキャッチ画像の"真諦"。

しんたい、またはしんていと読むそうです。

 

真諦の意味は絶対不変の心理、究極の真実。

真に諦めると書いて究極の真実だなんて、不思議な漢字ですね。

 

 

イカキムでした!