ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

ミニマリストは気持ち悪い?異常や病気と言った誤解を説明します!

べー。最近ミニマリズムに全く関係ねー記事ばっか書いてるわー。書いてるからなー。

ま、でも『ミニマリストの好き勝手。』なんだからべつにいいのカナー?かな?

ミニマリストブロガーからのイカキムですこんにちは!

 

 

(たわむ)れに、サーチコンソール(略してサチコ)なぞ覗いてみますと、当ブログ『ミニマリストの好き勝手。』、検索結果に表示はされているようです。

表示はされど、読むかどうかは別問題。

 

クリック数。

 

悲しいかな、0をいくら並べたトコロで0なのです。

一体全体0がいくつあるのかを数えてみたい気もするけれど、無い物の数を数えるというパラドックスにも陥り、なにやら哲学めいた話に発展しそうなので、途上のままで雲散霧消と致しましょう。

 

 

さて、0の隣に目をやりますと、検索キーワード(クエリ)が表示されております。

「ユーザーが検索窓に何と入力し、虫眼鏡のアイコンをクリックしたのか」なのですが、ある言葉を発見いたしました。

 

サーチコンソールに表示された「ミニマリスト-気持ち悪い。」

 

 "ミニマリスト 気持ち悪い"

 

地獄のミサワ。それどこ情報?

 

非ミニマリストがミニマリストの気持ち悪さを検索し、負の感情を昇華させようとは思いますまい。

ミニマリスト見習いや現役ミニマリストが、他者のお口から発せられた空気振動を嫌でもearで受け取り、隠しきれぬショックを受け、世間の評価はどうであるのか、調べた結果であると私は予想します。

 

 

果たして、ミニマリストはキモイのか!?

そのお話です。

 

「キモいよ」と言う初音ミクと鏡音リン。

 

 

ミニマリストへの偏見を説きます。

ミリマリストのリビング。

 

"ミニマリスト"という言葉は、一般的に全く浸透しておりません。

職場の年下主婦に、何かの拍子で私がミニマリストであるコトを告げた際、「ミニマリスト?なんそれ?」と、そう返ってきたのです。

自宅の写真を見せましたところ、「なんもないやん!(彼女に振られたのは)そういうトコだよwww」

そんなふうに、笑い者にされますた。

(おのれ忌々しい…カッ(゚Д゚)

ミニマリストの部屋。

イカキム宅のリビング。

 

 

いろんなミニマリストの方のブログで、次の言葉を目にします。

  • 「修行だよね。
  • 「宗教だよね。
  • 「ストイックだよね。

 

こんなカンジに言われました的な記事が、毎度たくさん出てまいります。

そうじゃないんだよーって説明するブログもあれば、好きに思えばいいというブログもございますし、ウッセ!シネ!と怒り心頭のブログも存在します。

 

私は好きに思えばいいよーってスタンスなのですが、それでもミニマリストの端くれ、少しは主張と説明をしておきましょう。

 

 

「ミニマリスト」と、一口で言っても様々なのです。

 

"シンプル-イズ-ベスト"と言う人もいれば、"ミニマリズム(最小限主義)は強調だ!"と言う方もいらっしゃいます。

「片付けが嫌いで、気が付いたらミニマリストでした」なんてのも。

 

キッカケも、考え方も、生き方も違うのです。

 

ミニマリストに共通するのは以下のとおり。

・必要最小限のモノ・コト・ヒトで生活している。

・自身はミニマリストであると自覚している。

 

違うってミニマリストは手ぇアゲテー。

 

 

そして、宗教っていうのは違います。

まず、教祖が居ない。

まず、勧誘しない。

まず、お布施もしない。

まず、経典とかない。

 

ミニマリズムという考え方があって、実は人それぞれ思うミニマリズムの解釈は異なります。

キリスト教ならカトリックやプロテスタント、仏教なら真言宗や浄土真宗みたいに、色々な派生があるのは宗教に似ていますね。

そして、キリスト教も仏教も、イスラム教もヒンズー教も、唯一神、つまり同じ神様を讃えてるっていうトコロも似ています。

ミニマリストはミニマリズムっていう教えを讃えて…、いや讃えちゃいないが、まぁ。

しかし、解釈の違いで争い事は起こしません。ミニマリズムは神様ではなく、生きていくための考え方に過ぎないからです。

 

 

修行というのも、違います。

ミニマリストの人々は、みな楽に、身軽に生きてゆきたいと考え生活しています。

モノがないのは、その方が楽だからです。

むしろミニマリストにとって、必要以上にモノを持つほうが修行です。 

 

 

ストイックっていうのは、そうかもしれません。

より良い生き方や環境を模索し、本を読み、勉強をし、温故知新で、今の生活に満足はしているけれど、まだまだ先を見ています。

セミリタイアとかニートとか言ってるじゃんって言う人もいるけれど、社会貢献が偉いとか、お金を稼いで経済廻すのが偉いとか、そういう価値観はもうすでに古いと私は思います。

 

自分を見つめて、大切なモノ・コト・ヒトを探し求める方が、社会貢献やお金を稼ぐのよりも、有意義であると私は思います。

どうせ人間、最期は死にますしおすし。

www.seeneko.com

 

 

自分を頑張ることが周りの人を幸せにするんじゃないでしょうか。

うまく説明できませんけれど。

careersupli.jp

 

 

私は、ココロに余裕を持てるように、大切なモノ・コト・ヒトを見つけるためにミニマリストになりました。

www.ikakimchi.biz


 

ミニマリズムは、その生き方の指針みたいなものでしょうか。そういうトコロは宗教に似ていますね笑。

 

 

TVでミニマリストが紹介される時、決まってモノがないってことばかりが強調されて編集され、ミニマリスト以前の大事なミニマリズムっていう考え方がスッポリ抜けてるんですね。

 

まぁTV的には、「モノが少ないでショー!?変わった人もいるモンですネー笑」ってやった方が、視聴者は面白がるだろうって算段なのでしょうケド。

 

"持たない"は正しいのだけれど、"必要なモノだけを持つ"が満点かな?

 

 

あ、キモいってのは、ミニマリストだからキモいんじゃなくて、キモイ人がミニマリストになったんですや私みたいな(^ ^)

 

 

以上!イカキムでした!