ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

あのトキ感じたキモチは父性?自身に芽生えた守りたいという気持ち。

おっきい輪っかのピアスしてる人いるじゃない?

アレってどっかに引っかかって、ブチッ…って…。

ミニマリストブロガーイカキムですこんにちは!

 

 

私イカキム、ブロググループを作ったのです。

hatenablog.com

 

 

私がグループを作ったという報告をご覧になった『とんぼ』さんとおっしゃる方が、そのグループに入ってくださり、また「おもしろい!」とご自身もグループを作り、さらには私の記事を言及してくださいました。

www.rabbitonbo.com

 

これは如何にしたものか…。

私のグループは『ブログ論。』と呼び、ブログそのものを語らうグループなのですが、ブログを書いている人であれば誰でも加入OK!な方針としております。

とんぼさんのブログは、ご自身のお子さんやご家族のコトはもちろん、自身のブログについても書かれておりますので、私のグループに入る資格充分なのです。

 

対してとんぼさんのグループは『ステップファミリー』と呼ぶグループであり、私はやまだかつて自分の家庭を持ったコトがなく、また父になったコトがなく、さらには愛を誓いあう相手もおりません!

そんな私が言及されたお礼にと、また私のグループに入って頂いたお礼にと、彼のグループに入っていいものなのかドウカ。

かといって、スルーするーわけにもいきませぬ。

 

考え抜いた私の結論。

記事がないなら、書いてしまえばいいじゃない。

 

 

それではどうぞ~。

 

リビングデッドのリーとクレム。

 

 

その女の子の名前は、ちーちゃん(仮名といいました。

私が20代後半の時に付き合った、カノジョの娘です。

当時ちーちゃんは小学2年生。

ちーちゃんは5歳のトキ、父親と別れたといいます。

 

私とカノジョとの馴れ初めはさておき。

私とちーちゃんとカノジョの3人で、一緒に暮らすようになりました。

 

ちーちゃんは同年代の子と比べると華奢な身体ですが明朗快活、細かいコトは気にしない、フトコロの大きい女の子でした。

 

ちーちゃんはソッコーで私に懐き(と言うか誰にでも懐く、そして私はカッコーの遊び相手です。

家に帰ればのしかかってきて、座れば座った上に座ってきて、部屋の中でも肩車をせがみます。

 

お外に出れば一緒になわとびをし、バドミントンをし、ニンテンドーDSのワリオで腕を競い合います。

 

 

カノジョは週末の夜バイトがあるので、金曜土曜は私とちーちゃんで一緒にお留守番なのです。

 

晩ご飯は私が作り、ちーちゃんにも手伝ってもらって2人で食べます。

宿題を一緒に考え九九の練習をします。

ちーちゃんはAKBが大好きでした。

ボーカロイドも大好きでした。

 

お布団に入って懐中電灯で遊んでいれば、そのうち眠りコケるのです。

 

 

ある日、カノジョは結婚式か同窓会かで夜を空け、私はカノジョを送ってちーちゃんと一緒に外食をしました。

お腹いっぱいになったちーちゃんは、コロンと椅子に横となって眠り始めました。

こうなると、絶っっっ対に起きません。

 

私は夢世界のちーちゃんを抱っこし、車に乗せて帰ります。

家に帰り着いても、ちーちゃんは眠れる森の少女。

後部座席に寝かせたちーちゃんを、私はなんとか引っ張り出して抱きかかえます。

される気のない人間を抱えるのは、相手が子どもでもホネが折れるものです。

小学2年生ですから、小柄でも体重20㌔はあります。

 

ヨッコイセと抱っこをし、ちーちゃんを支えながら車のドアを閉めようとした時、ちーちゃんがズリ落ちそうになりました。

 

!あっ

思うが早いか爆睡のちーちゃんは、意識のないままひしっと私にしがみついたのです。

 

 

えもいわれぬ感情が、私の中に湧き起こりました。

頼られる嬉しさのような、包み込まれる優しさのような、至極な幸福のような。

 

あぁ、カノジョはどうでもいい。この娘だけは、絶対に守ろう。

そう感じました。

 

 

果たして別れてしまったのですケレド、いまでもカノジョと連絡は取ります。

 

ちーちゃんは元気?

元気で。勉強が苦手で困っちゅう。

 

あのトキの少女は、いまや高校生。

1つ歳上の彼氏もいるらしい笑。

 

いまでも、私のコトを話題にするそうです。

 

 

イカキムでした!

 

 

ウォーキング・デッド 【CEROレーティング「Z」】 - PS4