ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ファミリマート店員が『お客様』を振りかざした話。

がいに:乱暴に。強い様子で。

イカキム(@イカキム)ですこんにちは!

ミニマリストブロガーです!

 

 

朝からチョウゼツ不愉快キブンのデキゴトがございまして、それに伴う自身の幼稚さに打ちひしがれツツ反省を致すトコロ。

 

ブログ構築談話を後にして、1歩また成長した自身を見てもらおうと、私は筆もといマウスとキーボードを取るのです。怒の感情が露呈し見るに堪え忍びませんのでご注意くださいませ(読んでほしいのかほしくないのかっ。

 

よろしいならば戦争だ。

 

 

私イカキム、ファミリマート店員でございます。

月曜日は、朝からファミマでオシゴトなのです。

私が出勤直後、ゴミ回収業者の方がゴミを引き取りにいらっしゃいましたが、なにやら手こずっているご様子。

ダンボールが引っかかって、扉から出ないようです。

前日の日曜日は回収がオヤスミなので、ダンボールを含め溜まりに溜まってしまうのです。

手こずりながらも手擦り引っ張りだして、その方は私にモノイイました。

 

「前にも言うたけんど、ダンボール整頓しちょってや。扉から出んがね。ったく(イライラ。

 

 

あ゛?

 

普段ぽけ〜っとしている私(わたくしイカキムも、がいに言われたら心穏やかにいられません。

 

運び出すのはオタクの仕事ですよね?

「それでも(扉から出なぁよ。ちゃんとやってや。」

いやぁ、ウチも忙しいですからねぇ( *`ω´)

「忙しいち、お願いをしゆうだけやないか。ッチ。」

 

 

整頓するのはやぶさかでありませんし、お願いされたら協力もいとわないのですが、なじコイツはコンナに偉そうに、しかも人様に対してタメ口なのだ。

 

別に私が金を払っているワケではないのですが、ウチの店がコイツが務める会社に金を払ってゴミなりダンボールなりを持っていってもらってるので、つまりウチの店はコイツの会社の客なのです。

 

「コッチは客だから」という考え方を、客商売に従ずる私は好きでありません。

しかし自身が客商売に従じているからこそ、やっぱり腹が立つのです。

つーか、私が店長になる時にコイツんトコの社長が、是非ウチに仕事をくれと挨拶しにきたやないか。

それがどうして、コイツはこうも偉っそうなのだ。

第一、コイツはロクに挨拶すらできない。 

 

さらには無理やりにダンボールを引っ張り出すものだから、扉の縁はキズもつれ、それはどうしてくれようぞ。

 

 

アナタは客をなんだと思ってるんですか?

というか、何故アナタは私に対してタメ口なんですか?

「…、最初から敬語でしたでしょう?」

いいえ、タメ口でしたよ?レジ付近は音声も拾ってますケド?確認します?

「はいはいわかりましたよ!また会社通してお伝えします!」

 

 

果たして、バカは回収を終え出て行きました。

後ろからウチの店長が私に一言。

「あんた文句言うたろうぉ。裏で聞きよったで。」

 

聞いてたんなら出てこんかいっ!笑。

 

 

「まぁあの人いつも偉そうでねぇ。」

どうやら、多店舗でも偉そうと有名人らしいです。

 

私は1時間ホド、昂ぶって落ち着きませんでした。次に来たら如何にしてヤロウ…。

 

 

そうは思っていても、トキが過ぎれば冷静になるのです。

 

オトナゲなかったな…。

急に自身が恥ずかしく思えてきます。

腹は立っても、相手と同じ土俵に立ってはイケナイのです。

争いは、同じレベルでしかおこらない。

争いは同じレベルの者同士でしか発生しない。

 

 

なんだか、私はアホらしくなってきました。

阿保は好きですが、アホはキライなのです。

ikakimchi.hatenablog.com

 

 

赤いマントをチラつかせ、サラリといなしておれば良かった。

しかし過ぎたコトは致し方ないので、忘れましょう。忘れましょう。

 

協力は惜しまない。

あの人でなくても、整頓されていれば、かの仕事も捗るでしょう。

 

そもそも私はココロが脆いのだから、怒っても精神を消耗するのです。

イライラするより、ブログ構築考察を練っていればどれほど有意義か。

ikakimchi.hatenablog.com

 

それに気付かせてくれたのだから、あの方にも感謝というものなのです。

記事にも出来た、ワケですし。

 

次に会ったら、素直に謝ってもイイでしょう。

相手が意に介さないのなら、それでもヨカロウものなのだ。

 

 

どちらにしても、取るに足らない相手であるです。

 

これでイイノダ。それでイイノダ。

これでいいのだ。

 

 

イカキムでした!