ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマリスト家族シリーズ。人は皆ミニマルになってゆく~おじいちゃん~

発泡酒は金麦が好き、イカキム(@イカキム)ですコンニチハ!

ミニマリストブロガーなのれす!!!

 

 

ミニマリストの家族は、ミニマリストにあらず。

私の知る限り、大抵ミニマリストのご家族のおウチはモノでごった返しております。

イカキム家も例に漏れず、私の実家は床の踏み場もありません。違、足の踏み場もございません。

父は戦後間もなく産まれ、貧乏な生活を強いられた所為か、知り合いから要らないモノや捨てるモノを貰ってきます。

母も同様に、別に貧乏ではなかったようですが買った服が捨てられないと呻いておりました。自分の服も管理できないのになじ息子の服を管理したがるのか…。理解に苦しむイカキムなのれす。

ikakimchi.hatenablog.com

ikakimchi.hatenablog.com

 

このあいだ、母の父、つまりおじいちゃんに会ってきました。

母なる大地、もとい母の父はモノとドウ付き合ってきたのか。

 

ミニマリストイカキムのおじいちゃんのお話です。

 

PCのキーボードを打つ老いた人の指

 

 

マキシマリストがミニマリストへ。

祖父には娘が2人、男児が生まれなかったなか、私が長女の息子で初孫、大変可愛がられました。

祖父は、私がねだればなんでも買ってくれた反面、躾には厳しい人でした。

 

祖父は多趣味で、新しモノ好きでした。

カメラ、ビデオカメラ、テレビ、ビデオデッキ、ワープロ、鉄道模型、時計、マイコン、手乗り文鳥、金魚。

 

生き物はともかく、製品は新しいモノが出るたびに購入&買換え、車なんて3、4年で乗り換えお古は娘、私の母に与えられるのでした。

そして戦前に建てられた家はそれほど広くもなく、じーちゃんの所有物で溢れかえっておりました。

 

 

そんな祖父も92歳、特に病気というわけでもなく、頭もハッキリしているのですが、老体で身体の自由が利かず、祖母も88歳ということでお世話ができなくなり、現在入院しています。

 

2か月ぶりくらいに、会いにいきました。

 

 

じーちゃん、元気かね?

「…、誰 やったぞね?

 

あんたの孫よね、イカキムよね。

「あぁ、歳 が いてすぐに(記憶が出てこなぁよ。

 

風邪ひいたって聞いたけんど。

「風邪 いう ても、ちょっ と 身体の のうが悪かった(具合が悪かったばぁよ、

 

ご飯は食べれゆうかね?

「美味 いことは ないけんど、食欲はあるきねぇ。

ほんならえいことよ

 

 

 

 

「いま幾つや、91、92?。85ま では散歩が好 きで歩きよっ たけんど、今は散歩も無理じゃ。85過ぎてからは、歩ける ことは歩けるけど、楽しゅうの うなった。

そうかね、車は幾つまで乗りよったかね。

「70まで は乗りよっ つろうか。歳がいたことも あるけんど、それも 楽しゅうのうなった。交通事故 気を 付けよ。

 

 

昔はあれだけ沢山のモノに囲まれた生活をしていた祖父ですが、いま病室にあるのは高知新聞と週刊文春だけ。

もう彼に、過去は有ったモノは必要ないのです。

 

楽しくなくなるとは、どういうコトなのでしょう?

飽きるのか。

それとも、わかるのか。

 

兎も角。

もう彼に、過去は有ったモノは必要ないのです。

 

 

帰り際。

「もう来んでかまんで

なにをいゆうで、また来らぁね。

「どうせ 死ぬ とき には1人 じゃきのう。

そう、諭すように笑うおじいちゃん。

 

そう言わず、長生きしてください。

 

 

イカキムでした!

 

 

2019/01/09。加筆修正。