ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマリストの父親は。ミニマリストの家族シリーズ。

休憩に入った直後、狙ったように店電話が鳴る。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストブロガーです!

 

 

Googleサーチコンソールを謁見しましたら、「ミニマリスト&nbsp家族」そう検索されているコトがわかりました。

たぶん、ミニマリストの家族に興味があるのではなく、家族がいてもミニマリストになれるのかドウナノカというトコロでしょう。

 

そんな私(わたくしイカキムは1人暮らし。

家族の所有物はなく、ミニマルライフを満喫☆満喫☆

 

かと思いきや、母親の襲来でモノが減ったり増えたり、ソレと戦う日々なのです。

www.ikakimchi.biz

 

 

これまで何度か、家族については語って参りました。

母に始まり妹&じーちゃんばーちゃん。

1番PVが多いのは、なぜだか妹です。

 

www.ikakimchi.biz

 

それでも父は。私の父親については書かないだろうと思っておりました。

映画やドラマでよく観かける、オヤジと酒を飲み交わすような、そんなコトも経験がごさいません。

 

べつに私は父が嫌いなワケでもなく、父も私が嫌いなワケではないと思います。そして我が父は、いまでも健康に生き働いております。

しかし息子にとって、父親という存在は複雑なものなのです。男の子が大人に成った時、なんだか妙に照れ臭かったり後ろめたかったりするものなのです。

 

 

ミニマリストの家族の話。父。

 

草原に座る父と子。

 

 

モノを作る音は、良いものです。

 

私が読者になっている『おぴお』氏のブログを拝見すると、2人の親子?が廃木材を使って、釘もリユースしながらアウトドアないろりやテーブルを作っておりました。

www.opio8.com

 

釘を打ちつける音。ノコギリで木を切る音。

懐かしい音です。

 

www.youtube.com

 

記憶に残る、最も古い音。

ハジメテノオト。

 

釘を打ちつける音。

ノコギリで木を切る音。

 

 

私の父は、昔ながらの大工です。

父は父の兄と、建築業を営んでおります。

 

昨今、大工さんはドンドン数が減っているのだとか。

技術を持つ職人は、今や大変貴重なのだそうです。

 

 

幼い頃の私は父が大好きで、いつも父のそばにおりました。

自宅の隣が木材の加工場でしたので、危ないから入って来るなと言われても、遠くから父の姿を眺め、機械で木を削る音やカンナを滑らせる音、ノミを研ぐ音を聞いて私は育ちました。

 

現場にも、ついていきます。

父がハンドルを握る、スーパーカブの後ろに乗って行くのです。

 

トントンカンカン、家を組み上げていく父を見ながら、私も余った木に釘を打ち付けてみたり、ノコギリで廃木材を切ってみたり、父の手伝い?をして遊びました。

私が中学に上がって思春期を迎えても夏休みは父についていき、実際に手伝いをして、1日に五千円という中学生には破格の小遣いを貰っておりました。

 

 

中学からは後述いたしますが、幼き私にとって父は誇りでした。

私は、父が大好きでした。

 

 

父は船舶免許を持っており、高知県は浦戸湾に小舟を浮かべて、よく一緒に釣りをしました。

高知県浦戸湾。

高知県浦戸湾。

 

釣った魚は父が自宅で捌いて刺し身にし、家族で食べます。

母は魚を捌けないので、私には父がヒーローに見えました。

 

また、夜に母が家を空けるとき、父はいつも醤油と砂糖のすき焼きを作ってくれました。

最初に肉を焼き、醤油と砂糖をぶっかけて食べる関西風です。

www.youtube.com

 

母がいるとコレステロールがドウとか言って、すき焼きの卵は1個でストップなのですが、母が不在だと制限なしに卵に浸けられるので、嬉しかったのを覚えています。

 

 

おなじく母のいないある夜、父は私と妹を近所の居酒屋に連れていきました。

カウンターで足をぷらんぷらんさせながら、子供にはあるまじき好物の湯豆腐をハフハフいって頬張っていると、妹が私に話しかけます。

「お兄ちゃんっ!スゴイっ!」

 

口調からして私がスゴイのでないコトはわかり、妹が顔を向けているほうを見ると、父は聴覚障害者の人と手話で会話をしておりました。

父は耳が聞こえる健常者です。

手話を話す父が、カッコよく見えました。

父の友人に聴覚障害者の方がおり、覚えたそうです。

「お父さんすごいね!」私が感心してみせると、「ウルトラマンよえ!シュワッチ!」そんなふうに、父はダジャレを言ったものです。

 

 

私が小学校の高学年になる頃、父はしきりに勉強をしろ本を読め!医者になるために!そう言うようになりました。

カネ持ちでもカメ持ちでも、いたらき持ちでもないのですが。

父の兄の娘で私と同い年、つまり従兄弟が高知県内トップの進学校である土佐中高等学校を受験すると言うのです。

 

父は昔から、自分の学歴にコンプレックスがあるようでした。

戦後間もなく父は産まれ、貧困のなさなか、働きながら夜間学校を卒業し学士を持っておりますが、父の兄は一級建築士であり、父はその資格を持っておりません。

 

果たして私の従兄弟は、土佐中学校に合格いたしました。

しかし私はその気がなく、母も小学校教員でしたが教育熱心なほうではありませんでしたので、父の目論見は藻屑と消えたのです。

従兄弟は現在大学病院で医者をしており、私との差が歴然なのはまた別のお話。

 

父の学歴コンプレックスを感じたのは、私が中学の時でした。

学校の三者面談に父が赴き、思春期真っ盛りでバカばっかりやって、勉強をしない私に担任の先生がこう言ったのです。

「イカキムくん?このまま勉強せんでかまんかえぇ(勉強しなくても良いのですか?大学も出んとお父さんみたいに大工さんになるかね?」

 

三者面談が終わり校門をくぐる頃、父は悔しそうに私に言いました。

「お前わからんかったがかや?俺は大学出ちゅうがぞ?なんで馬鹿にされないかんがな?必死で我慢したぞ。大学出てます言いたかったぞ。」

 

大学を出たからドウとか、出なかったからドウとかいう考え方は悪習ですが、その先生は定年間近の人だったので、教育者とはいえ古い了見の持ち主だったのでしょう。

父は私と妹を大切に思い育て生かす、活かす為に毎日、働いていたのです。何も恥じるコトはありません。っていうか父は学士を持っているのです。

それでも、父は悔しそうでした。勉強ができないから大工をやっているのだと思われたのが、たまらなく悔しかったのでしょう。いや私の将来の為の面談なんだが?

 

 

中学を卒業した私は、母の母校である(それなりの)進学高校に進み、大学は推薦で受かっちゃったトコロで学士をもらい、そして SUZUKI のディーラーへ就職しましたが超絶ブラック企業が不幸いし、半年でココロを病んで辞めました。

 

 

それから私は、幾つも幾つも就職しては辞めるを繰り返し病めては繰り返し。

 

そんなある日、父から電話がありました。

「おまん(お前、仕事は?」

探しゆう。

「組合の人が人材を探しゆう。コンピューター使えるろぅ?エクセル・ワードが使える人が欲しいと。おまん面接に行けや。」

んー?んー。

 

建設労働組合(建労)という組織がございます。

詳しくは存じませんが、個人の大工さんが労働環境改善を図る団体のようです。

ソコの父の知り合いの人が、労働者を探しているとの話。

聞けば昇給もあり休みも多く、賞与だってあるのだとか。

父はその頃、建労の書記長を担っており、書記長といえば多分北朝鮮の書記長と同じくそれなりの地位だったのでしょう。

書記長の息子さんなら、というコトです。

父は言葉を濁しましたが、面接さえ受ければ合格という様子でした。

 

 

そうして私は、履歴書は書きましたが面接の日、ソレには行きませんでした。

 

 

To Be Continued...。

www.ikakimchi.biz

 

 

イカキムでした!