ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマリストの恋愛駆け引き。おっさんミニマリストと女子大生の恋の行方は。

相互読者(はてなブロガー同士で読者である『bummesha』さんの読み方が実は未だに分からない(bummeshaさんゴメンナサイ。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストセミプロガーです!

www.bumeesha.com

 

 

読めない漢字に英単語。

世の情勢だって読めないし、日本経済も読めません。

イカキムだって嫁いません。

 

そして乙女心もまた、読めないのです。

 

海辺の砂浜で座りこんでコチラを眺める河村友歌。

 

 

まずはコチラ↓ヲ御らん下さいませ。

 

其の①。

www.ikakimchi.biz

 

 其の②。

www.ikakimchi.biz

 

 

バレンタインが近付きつつ、奇しくもその日は、私の後輩女子大生の誕生日なのです。

 

お付き合いをしているワケではございません。

恋愛駆け引きがマンドクサくなった私(わたくしイカキム。

いっそ、誕生日プレゼントは何が欲しいのか本人に直接聞こうと思い立ち、そうして彼女に伺い立てたトコロ、「愛」の一文字が返事として返って来たのです。

誕生日プレゼントに愛を求めるLINEの内容。

 

 

愛とは打算なきものである。

 

私はその1文字菊一文字にうろたえまして、まんまとデートの約束を取り付けられたのですが、そうは言ってもウラ若き乙女である女子大生とデート

毎度のコトながら、ココロ踊らないワケがございません。


【nobodyknows+ 】 ココロオドル kokoro odoru 【PV】

 

 

☆バレンタインかつ誕生日☆

バレンタインデー。それは、ギリシャ神話の女神「ユーノー」の祝日であるのです。ユーノーは神々の頂点に立つ女神であり、また結婚の神様でもあるのです。You know?

英字新聞の上に重ねられたビターテイストのチョコレート。

 

そのユーノーの記念日に産まれた、私の後輩女子大生。

フラグ無くして何がある!

 

 

私は彼女をもてなそうと、その日のプランを練りに練り、プレゼントも練りに練り、疲れ果てては寝入りに眠っておりました。

 

練りに寝るホド企画しましたが、彼女はカラオケに行きたい。そう言うのです。

カラオケデートも悪くはない。

何しろ、私は抜群に歌が上手いのです。

イカキムのカラオケ採点結果97.50。

 

しかし、バレンタインかつ誕生日であるのに、カラオケデートとはいささか寂しいのではあるまいか。

ソウ思いはしましても、誕生日の主役は彼女であるので、その意思は汲まねばなりません。

 

前回デートもカラオケでしたが、再び私の美声で空気の震えを飽和状態にしようではないですか。

そうして、彼女は私に言うのです。

「先輩!好きです!」

 

 

イイ歳したおっさんが妄想世界に飛び立つのを、現実世界の私が引き戻します。

 

そうなのです。彼女には、恋人がいるのです。

彼女が欲しいものは「愛」。

彼女には、彼氏がいるのです。

 

私と彼女の、2人きり忘年会に彼女を迎えに来たのも彼氏であって、ナントモ懐の大きい男であると感心したのもキヲクに新しい。

23時も廻った頃、コノアトどうする?カラオケでも行く?ソウ私から誘いました。
ソレは下心ではなく、飲んだらカラオケに行こうヨと彼女からの提案があったのです。
しかし彼女は、「もう彼氏が迎えに来るから。」そうオコトワリの姿勢を見せました。

 

欲しいものは「愛」。

思いがけず意味深なLINEショットを撃ち付けられ、私は浮かれておりましたがコレは拭いきれない事実。

やはり、私はお友だちなのでしょう。

 

お友だちとしてカラオケに行き、彼女からは友チョコを、私からは誕生日プレゼントを渡すのです。

バレンタイン誕生日だからって、本気でプランニングしてた自分が恥ずかちぃ。

 

 

ひとまずカラオケで企画は進み、あとは彼女とLINEで取り止めのない話をしまゔ〜ゔ〜

 

ホレ。こうしているあいだにも彼女からLINEが。

 

 

失恋したとの報告をする女性からのLINEメッセージ。

 


は?

 

 

はあああああああああああああ!!?!?

 

 

いやいやいやいや(^o^)

このタイミングで失恋って(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

 

はあああああああああああああ!!?!?

 

 

ココで1度、私(わたくしイカキムの気持ちを整理しておきます。

 

私は、彼女に惹かれておりません。

彼女がメガネをかければ、属性のない私でも籠絡してしまいそうな知的女子で、会話も楽しく、ピアノを初見(初めて見た楽譜でいきなりピアノを弾くコト)で弾くコトができ、さらにエレクトーン&ヴァイオリンだってたしなむ音楽女子で、ありていに言えば私の好みの女性であっても!

 

そう安々と、惹かれはしないのです。

 

しかしながら。

しかしながらっ。

彼女が「どうしても!」そう言うのであれば、私はやぶさかでない。

彼女が「どうしても!」そう言うのであれば、私はやぶさかでないのです!

 

 

大学後輩の彼女と会うようになってから、はや4ヶ月。

 

ついに、イカキムと彼女の2人は終止符を打つ日を迎えるのか!?

 

 

イカキムでした!

 

 

To Be Continued。

www.ikakimchi.biz