ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

坂本龍馬に学ぶブログを書く目的。人に影響を与え行動すら変えるコト。文章は武器である。

いつもと違うと面食らう。麺食らいのイカキムですコンニチハ!

ミニマリストブロガーです!

www.ikakimchi.biz

 

 

「書く技術」は一生使える武器になる

古賀史健著、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を拝読しました。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

この本によると、文章を書くコトに才能は必要なく、技術であるらしいのです。

そして文章を書くコトの本分は、読まれて「面白かったタメになった」で終わるのでなく、読んだ人に影響を与え行動させるコトであると述べられておりました。

 

 

(わたくしイカキムはブログを書き始めた当初、何かを伝えたいだとか誰かを動かしたいだとか、愛を伝えたいだとか。

www.youtube.com

 

そんなコトは一切考えておらず、ただ書くのが面白いという理由で書き続けておりました。

嘘です!愛は伝えたいし結婚もしたい!
www.ikakimchi.biz

 

 

 

私のブログを、リアルで知っている人がおります。

私の友人ですが、その人がこう言いました。

 

「カエルちゃんの石鹸置き買ったよ(笑)ついでに洗顔も石鹸に変えてみた!髪の毛はまだ勇気ない(笑)」

www.ikakimchi.biz

 

私は、書いてみたら思いのほかマトモな文章ができて(自分ではそう思っている、読者も増え、面白いと言ってもらえ、勉強になったと言ってもらえ、それで満足していたら、リア友とはいえ人に、ブログに書いた石鹸置きの購入に至らせ洗顔料を石鹸に変えさせたのです。

 

 高知県桂浜にある坂本龍馬像。

 

 

ブログを書いている人の目的は、何なのでしょうか?

楽しいから?

お金が欲しいから?

想いを書くと、なんだかスッキリするから?

 

 

 

引退した歌手、安室奈美恵さんが若かりし頃、彼女のファッションを真似する「アムラー」と呼ばれる女性たちが当時現れました。

www.youtube.com

 

20数年にわたり、日本の音楽業界を牽引して来た彼女。

彼女が人に与えた影響は、ファンのみならずでしょう。

 

 

ブログの世界にも、インフルエンサーと呼ばれる人たちがおります。

インフルエンサーとは、世間に大きな影響を与えるような行動をする人たちのコトです。

www.youtube.com

 

自身の知名度を悪用し詐欺まがいの行動をする人も界隈には現れましたが、考えるコトを放棄した自己責任論者が多いトコロでは、騙された人も本望だろうとお思いでしょう。

 

 

多かれ少なかれ、ブロガーは影響し合っているのです。

 

 

ブログは、良い記事を書けば読まれる訳じゃなくて、検索サイトに上位で掲載される方から読まれるのです✨

 

もちろん良い記事が上位にくる可能性は高いのですが、はっきり言って内容はそんなに差がありません💦

www.darman55.com

 

『だーまん』さんのコノ記事を読んだ私は、だったら書いてしまおうとSEO関連記事を挙げました。

www.ikakimchi.biz

 

『クッキング父ちゃん』さんは、上記の記事を書いた『だーまん』さんに習って私を「師匠」と呼び、そして『クッキング父ちゃん』さんは、『冴島唯月』さんのブログを読んで勇気付けられアドセンス審査に再挑戦をし、見事合格しました。

www.kukking10chan.net

www.yamanoyume.com

 

その『クッキング父ちゃん』さんに影響を受けた『bumeesha』さんはお料理記事が増え、「はいじゃないが」という私の言葉をリスペクトし(ホントは私の言葉じゃない原点回帰です。

www.bumeesha.com

 

 

そうして私のリア友は、私のブログを読んでモノの取捨選択に励み、捨てるとスッキリする!と言い始め、カエルちゃんを買い、洗顔するのに石鹸を用い始めたのです。

 

そして、我が友人の放った言葉を以てして私は記事を書きます。

www.ikakimchi.biz

 

 

ブログに書いた文章で、お互い影響し合って生きているのです。

 

文章を書くコトの本分は、読まれて「面白かったタメになった」で終わるのでなく、読んだ人に影響を与え行動させるコトなのです。

 

 

土佐っ子である私(わたくしイカキムが、ココで坂本龍馬の逸話をお話ししましょう。

 

坂本龍馬が育った土佐藩の、武士の間では当時長い刀が流行しておりました。

龍馬の友人は愛刀を見せびらかします。

「見てみい龍馬!この美しい長い刀!やっぱりこれからの時代はえい(良い刀を持つがが(持つのが男ぞ!」

 

それを聞いた龍馬は、答えます。

「何を言うがぜ。戦さ場でそんな長いがぁを振り回せるかや。わしのように短いがにせえ。」

※何を言っているんだ。戦さ場でそんな長い刀を振り回せるわけがない。私のように短い刀にしろ。

 

それを聞いた友人は、後日短い刀を脇にさし、龍馬に言います。

「龍馬!おんしゃあの言うたとおり、短い刀にしたぞ!これで戦でもひけをとらんにゃあ!」

※龍馬!おまえの言ったとおり、短い刀にしたぞ!これで戦でもひけをとらないな!

 

それを聞いた龍馬は。

「刀?そんなもん役に立たんぜよ。」

※刀?そんなものは役に立たない。

そう言って懐から拳銃を取り出します。

高知県桂浜にある坂本龍馬像。

懐に入れた手中には拳銃が握られていると言われている。

 

さらに後日、拳銃を手に入れた友人は龍馬にまたも見せるのです。

「やっぱり刀は古いぞにゃあ!時代を切り開くがはやっぱり銃ぞ!」

※やっぱり刀は古いよな!時代を切り開くのはやっぱり銃だ!

 

すると龍馬は、国際法の書籍を取り出し…。

「戦さらぁ古い。これからは話し合いで解決する時代ぞ!」

※戦争など古い。これからは話し合いで解決する時代だ!

 

この逸話は作り話であると言われておりますが、幕末の志士に相応しいお話です。

 

 

言葉とは武器であり、文章とは武器である。

 

お金ではなく、言いたいコトを書き殴るではなく、言葉を以ってして、文章を以ってして、人を行動たらしめるのがブログです。

 

 

よし!世界をオレ色に染めてやろう!

 

 

ただ楽しいから書いていたブログは、誰かに影響し行動させるコトへと目的がレベルアップした、イカキムブログでした!