ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ココイチの6辛に挑戦!見知らぬ子連れの女性と勝負。果たして勝敗は!?

ミニマリストなのにミニマリズムな記事は書かない。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストブロガーでっすおっすおす!

 

 

良いのです!

ブログタイトルは『ミニマリストの好き勝手。』ですので、好きに書いて良いのです!

そのため、いつぞやは「人気ブログランキング」のミニマリスト部門で1位を獲ったコトのある私(わたくしイカキムも、現在は12位と甘んじております。

blog.with2.net

 

ミニマリスト部門に登録しておきながら、今日も今日とてミニマリスティックさのカケラもない、そんな記事を書くのです。

 

 

記事をカキカキ_φ(・_・していたならば、友人から音楽についての話がLINEで送られてまいりました。

イカキムは、音楽が好きなのです。

聴くも歌うも、演奏するも好きなのです。

 

友人と、お互いに好きな音楽系ユーチューバーを紹介しあっていたら、ブログ記事更新が間に合いませんでした。

仕方がありません。音楽もブログと同じくらい、好きなのですから。

 

 

私が好きなユーチューバーは『Raon Lee』さん。

その美貌と、エフェクト少なめな勇気ある投稿、そしてやはり圧倒的な歌唱力で登録者数は300万人に手が届かんとする方なのです。

主にボカロや、アニソンをチョイスするのもワタクシ的にポイントが高め。

そして、こんな曲を見つけました。

www.youtube.com

 

 カレーだ!

 

具だくさんなカレーの写真。

 

 

古来より、日本人はカレーが大好き。

カレーが日本に伝わる前から好きなのです。

カレーの好きさ加減でいえば、インド人の上を行くでしょう。

日本人は1ヶ月に、平均7回カレーを食べるそうです。

4.2日に1回はカレー。つまり、週1以上のペースでカレーを食べるのです。

 

ご飯はもとより、パンにうどんにおソバそば、なんでもかんでもカレーカレーなのです。

 

 

そうして始まる、カレー論争。

カレーライスが正しいのだとか。ライスカレーが正しいのだとか。

カレーのお供は牛乳だとか。しかし牛乳は米に合わないだとか。

肉は牛だとか豚だとか鳥だとか。合挽きにすれば良いと決着がつけば、実は牛派男子と豚派女子が逢引していただとか。豚派女子に恋い焦がれていた太った青年が、それを知って泣きながら走り去りコレがホントのランデブー(逢引:RUNデブーだとか。

 

そんな話が多いのかどうなのかは、私(わたくしイカキムの作り話なのです。

 

しかしながら、これから語るは私の経験。つまるトコロ事実であった話なのです。

つまらぬ話と華麗に素ルーで夕食はお祈りしても良かろうですが、ぜひとも聞いていただきたい。

 

そう、あれは十数年前。私が大学生だったあの頃の話。

 

 

カレーのチェーン店と言えば、皆さまはドチラが思いつきますでしょうか?

私はといえば、ココイチしか出てきません。

www.youtube.com

 

日本におけるカレーチェーンは、ココイチの一人勝ちと言っても過言ではないでしょう。

いつぞや、私はココイチで働くべく面接を受けたコトがございますが、見事に落ちました。

ブログ記事では落ちがないのに、リアル人生では落ちまくる、それが私(わたくしイカキムなのです。

 

面接に落ちた恨みつらみを書き綴るワケではなく、学生時代のいっとき、私は「ココイチのカレー何辛までいけるのか?」を挑戦したコトがございます。

 

ココイチに来店した経験のある人ならばご存知でしょう。

ココイチでは、ご飯の量やルーの辛さを、自身の好みに合わせて調整できるのです。

ガンライ、私は辛いもの好きでございます。辛いものを食べられる人はエライのだ!とすら思っていた時期もありました。

んだらば挑戦しないワケにはいきますまい。

「ココイチのカレーで、私は何辛までいけるのか!?」

 

 

ココイチのルーの辛さには、甘口~10辛までございます。

10以上もあるのですが、10辛を食べきった経験のある人しか注文できません。

辛さを指定しない標準のルーでも、お子様や辛いものが苦手な方にとっては相当に苦痛な辛さですので、そんな方は無理をせず甘口を選びましょう。

 

私は、普通にココイチのカレーを楽しむ場合1辛を注文します。

私にとっては、じっとりと額から汗が出てくる辛さです。

この記事を書いている時点で、パブロフの犬もびっくりの条件反射で汗をかいております。

記事を書き書き_φ(・_・ 汗をカキカキ。

 

はい。

 

はいじゃないが。

 

 

辛さ挑戦が始まり、1から2、2から3へと、順調に辛さを増やしていく私。

4辛くらいで多分、江崎グリコのLEE辛さ20倍と同等のような気がします。

辛いは辛いが、私は食べきるコトができました。

 

5へ進み、普通の人であればもはや食べられない辛さでしょう。胃が刺激物への拒否を示し、吐く人もいらっしゃるくらいです。

私も一口目から尋常でない汗を顔から吹き出しますが、医者でなくともサジは投げずに激辛カレーを口へと運びます。

 

そうして、6辛に挑戦せんとするその日。事件は起こりました。

 

 

その日、私はいつものカウンター席に座ります。

すぐ近くにボックス席があり、母子2人連れのお客さんが目に移りました。

お昼時間も十分に廻った午後2時前後。お客は私とその親子だけだったと思います。

お母さんは、子供に「残さず食べなさいよ!」などと言っていた記憶がございます。

残さず食べろとはまぁ、私はあまり言われたことがありません。私は子供の時分、本当に良く食べる子供でした。

いや、それは今は関係がない。

 

店員さんが私に注文を取りに来ます。

何カレーを注文したのかは忘れましたが、辛さは6であったのを覚えております。

私はなんのためらいもなく「6辛で。」と伝えました。

事もなげに店員さんも、注文を復唱いたします。

「~カレーの6辛ですね。少々お待ち下さい。」

 

私の注文を終えてすぐ、その店員さんは親子に注文を伺いに行きました。

「辛さはいかがいたしますか?」

店員さんが、お母さんの注文したカレーの辛さを訊ねます。

 

「6辛で。」

 

聞いてギョッとする私。

お母さんはなんのためらいもなく、「6辛で。」と、店員さんに伝えました。

 

マジか…?マジなのかこのお母さん…。6辛だぞ?

生身の人間なら食べられない。性別関係なくだ。

蒙古タンメンの比じゃない。

唐辛子を生で食べられる私でも辛いと感じる辛さだ。

まさか、ガチの辛いモノ好き…?

 

「6辛ですね。かしこまりました。」

事もなげに店員さんも、注文を復唱いたします。

いや復唱するなよ!そこは「大変辛いですが大丈夫ですか?」って訊ねろよっ!

 

 

私の懸念をよそに、ほぼ同時に私と、お母さんに運ばれてくるココイチの6辛カレーライス。

 

いいだろう…。

小泉純一郎の、よろしい、ならば戦争だ。

 

どちらが先にこの6辛を食べ切るのか、勝負だ…!

 

勝手に進める私ことイカキム。

ひとまずルーは少量でライスを多め。

まずは辛さを見極め作戦を…。

 

などと1人考えていたら、聞こえるお母さんの咳き込む声。

「ゲホッ…ゴホッ…。」

 

あぁ、そりゃあそうだよなぁ…。

 

メニューには甘口、0、1~10と辛さのレベルがあるのです。

ココイチに来たのが始めてで、私が普通に6と注文しているのを聞いたら、一般的な中辛くらいだと思うよなぁ…。

ま、一応、辛さの説明はメニューに記載されているのですが…。

 

お母さんには悪いのですが、そうとわかれば私は自分との戦いです。

とても辛いし汗も吹き出る。だが食べ切れそうだ。

 

お母さんは相変わらず「ゲホッ…ゴホッ…。」とか言いつつ、福神漬けを大量に盛り、水もガブ飲みです。

子供に「残すな。」と言った手前、食べないワケにはいかないのでしょう。

 

 

私は6辛を完食辛勝。カレーだけに。

お母さんの皿に目をやると、半分も食べられておりませんでした。

 

(お母さんどうするんだろう…。)

心配にはなりましたが、雑誌もない店舗でスマホもない時代。私は暇を持て余し最後まで見届けるワケにもいかず、会計をすませ店をあとにしたのです。

 

 

本当に、どうなったんだろう…。

辛さは美味しく適量を!

 

 

イカキムでした!

 

 

↓8辛に挑戦しました!

www.ikakimchi.biz

 

おなじく、CoCo壱激辛カレーに挑戦する猛者が現れたようです!

www.kukking10chan.net