ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

はてなブログの『サイトの停止または利用不可』を解決!アドセンス合格で試したコトいろいろ。

当ブログ『ミニマリストの好き勝手。』が、アドセンス広告審査に見事合格いたしましたコンニチハ!

ミニマリストセミプロガーイカキムです!

 

 

アドセンス審査当初から、『サイトの停止または利用不可』に悩まされておりました。

長年の経験により、『サイトの停止または利用不可』さえ通過・回避してしまえば後はすんなり合格するだろうと踏んでいた私。

しかしブログの見直しや改善、変更と散々に手を加えましたが一向に解決を導けず、地団駄も踏みました。

 

そうして苦渋を飲みながらアドセンス審査申請開始から6週間後、6回の『サイトの停止または利用不可』を打ち破り、8年ぶり2度目の合格をようやく勝ち取りました。

『サイトの停止または利用不可』解決後は見込み通り1発合格!(このクオリティのブログで合格しなきゃドコも合格しないだろ、と自画自賛。

 

調べるうち、はてなブログでは『サイトの停止または利用不可』が頻発するのだとか。

同じような状態を繰り返し、アドセンス審査が進捗しない人のために、私が問題解決のために行ったコトを、状況再現しながら述べたいと思います。

 

 

ねだるな、勝ち取れ。

www.youtube.com

 

Googleアドセンス合格のお知らせ。


2回目からは外国人のねーちゃん出てこないんだナァ…。

 

 

はてなブログにおける『サイトの停止または利用不可』解決のためにやったコト。

パソコンを前にガッツポーズする、牛。

 

独自ドメインを取得し、サイト審査を通すまでに私が行った『サイトの停止または利用不可』回避の為のいろいろをご紹介いたします。

 『サイトの停止または利用不可』に全く関連性を認められなかったコトや、要因の可能性が高いコトを分けて説明いたしますが、あくまで当ブログ『ミニマリストの好き勝手。』における個人の考察の範疇でございます。

はてなブログはサイト設計仕様が独特かつ複雑で、またhttps化に伴う問題が様々に絡み合い、おなじ条件でもGoogleからの見え方に相違が認められますので、記事を参考にしつつご自身で解決策を見出していただくようお願い致します。

 

 

『サイトの停止または利用不可』解決において関連性のなかったコト。

サーチコンソールにてブログを認識させる。

私は独自ドメインを取得直後にアドセンス審査申請を行いましたが、数時間で『サイトの停止または利用不可』が返って参りました。

ドメインを変更したばかりでしたので、Google側からブログを認識できていないと思い、200近くあるブログ記事1つ1つのインデックス登録申請を、サーチコンソールで行いました。

手動で数日かけましたので、骨が折れましたが『サイトの停止または利用不可』は解決いたしませんでした。

 

また、おなじはてなブログでも、サイトマップが正常に送信されるブログもあればそうでないブログもございます。

そもそも、サーチコンソールを導入していなくてもアドセンス審査は合格しますので、記事のインデックス登録申請は検索流入において有効な手段ですが、こと広告関連の場合は関連性が低いと思います。

 

ヘッダはアドセンスコードのみにする。

私は、はてなブログの「ダッシュボード」→「設定」→「詳細設定」から記述できる"headに要素を追加"欄にアドセンスコードと、スマホ表示カスタマイズのためのスタイルシートリンクを貼り付けておりました。

このスタイルシートでCDNを利用しますので、その工程でGoogleからのアクセスをブロックしているのではないかと考えスタイルシートを外し、ヘッダにはアドセンスコードのみの記述としましたが、『サイトの停止または利用不可』を回避した際にはすでにデザインをアドセンス審査申請前に戻しスタイルシートを貼り付けておりましたので、関係ないものと思います。

www.okuni.me

 

デザインCSSをテンプレートに戻す。

上記理由により、PC表示のCSSもGoogleの邪魔をしているのかと考えましたが、関連性は認められませんでした。

『サイトの停止または利用不可』を通過の際、ジャックツール(スクロールにパーツが追尾するにランキングサイトのブログパーツや、SNSボタンおまとめツールなども貼っておりましたので、スクリプトも問題ないと存じます。

 

『サイトの停止または利用不可』解決要因において可能性が高いと思うコト。

これからご説明いたしますのは、私が『サイトの停止利用不可』の解決するために施策した中で要因が高いとして挙げるものです。

しかしながら、それぞれの施術後すぐにアドセンス審査申請をし、一通り試し終わるまで10日程度でしたので、どれが当たったのか判断できかねますし、どれもが当たらず合格した可能性もございます。

 

URL正規化(301リダイレクト。

URL正規化とは、「www」なしURLでアクセスした時に「www」ありでアクセスするように転送するコトを言います。

www.ikakimchi.biz

 

Googleアドセンスの管理画面「サイト」では、サブドメインとして「www」を含めたURLも追加登録できますが、それでもクローラーは「www」なしでアクセスしようとする例があるらしく、私もURL正規化を行いました。

このURL正規化直後のアドセンス審査申請で合格しましたので、これが決め手となった可能性がもっとも高いとは思いますが、やはり審査と審査のあいだが2日ないし3日でありましたから断定はできません。

多少、素人では作業がメンドウなのと、ドメイン取得サービスによって作業要項が異なりますのでご注意くださいませ。

 

『サイトの停止または利用不可』の原因。解決施策以前の問題。

私は当ブログで、上記のようないくつかの解決案を実行いたしましたが、実はそれ以前に特筆すべき事項がございますので説明いたします。

 

途中で独自ドメインを取得した。

ブログ開設当初、独自ドメインを取得する予定はなく、150程度の記事投稿ははてなから提供されたドメインを使用しておりました。

その後、独自ドメインを取得しましたが、ドメインを新たにしてもしばらくはクローラーが旧ドメインにアクセスしようとする傾向があるようです。

私は旧ドメインで投稿した150記事すべてを下書きに戻しました。

しかし、直後のアドセンス審査申請では『サイトの停止または利用不可』を回避には至りませんでした。

関連性があるのかないのか、私では判断いたしかねます。 

 

当ブログ特有の問題。

これは稀有な例だと思います。

私は前述の通り、 旧ドメインでしばらくブログ運営を行っておりましたが、旧ドメインでアドセンス広告を貼り付けておりました。

2018年12月までは、1度でもアドセンス審査に合格すれば自身のどのサイトでも広告を貼るコトができたのです。

新ドメインで審査中も、ずっと旧ドメインは「準備完了」と、アドセンスに認識されたままでしたので、これは1つの大きな要因と考えます。

合格時、旧ドメインはアドセンス管理画面から削除しております。

 

何もしなくたって、時間経過で合格していたかも。

ま、あまり考慮したくはないコトでありますが、その線も否定できません。

実際、旧ドメインから新ドメインへの切り替えがGoogle側で完了するのは4週間程度と言われております。それがたまたま6週間と時間がかかり、そして合格に至ったと考えても自然であるのです。

しかしながら、ホントウのところはGoogleのみぞ知るコトなので今回、私は私で知識が身に付いたと考えるように致します。

 

 

もっともカンタンにアドセンス審査を通す方法。

よっしゃー!とガッツポーズのリクルートスーツの若い女性。

 

今回の『サイトの停止または利用不可』で私が学んだもっとも簡単な、アドセンス審査を通す方法。

それは。

 

ハジメっから独自ドメインを取得しておくコト。です。

アドセンスを導入する予定がなくても、あとから欲しいと思う場合もございます。

また、リスクヘッジの観点でも独自ドメインは最初に取得しておきましょう。

www.ikakimchi.biz

 

安いもんです。はてなブログPRO化と独自ドメイン取得を合わせても、月2,000円かかりません。

正直、アドセンス合格にこれほど時間を取られるとは考えておりませんでした。

 

 

アドセンス審査合格の噂の真偽。

ウソだよな?

 

ここでは、巷に流れるアドセンス合格のウソホントをご紹介致します。

 

他社の広告は貼ってはいけない?

ウソです。

広告の貼り過ぎが良くないだけであって、貼ってもアドセンス審査は合格いたします。私は、PC表示に忍者アドマックス、スマホ表示にアマゾンアソシエイトを貼っておりました。

 

プライバシーポリシーは必須?

ウソです。

現在は載せておりますが、アドセンス合格当初、私はプライバシーポリシーを記載しておりませんでした。

プライバシーポリシーがなくてもアドセンス審査は合格いたします。

しかし、後々必要にはなるので、前もって記載しておくのが吉です。

 

グローバルメニューは必須?

ウソです。

私は、PC表示でグローバルメニューを設置しておりません。

しかしながら、あった方が合格しやすいというのはホントです。

 

ランキングサイトへのリンクを貼ってはいけない?

ウソです。

私はアドセンス合格時、ランキングサイトへのリンク・ブログパーツを表示させておりました。

 

モバイルフレンドリーであるコト?

ウソです。

必ずしもモバイルフレンドリーである必要はありません。

しかし、ユーザーの利便性を考えると、モバイルフレンドリーである方が良いでしょう。

特につついていなければ、はてなブログはモバイルフレンドリーです。

 

ちなみに、わたしはレシポンシブデザインを嫌います。

PC表示デザインとスマホ表示デザインは分かれている方が絶対に美しいです。

PC表示は横幅800pxくらいに抑えて、スマホは独自でデザインを選んだ方が良いと個人的には思います。

 

1記事2,000文字以上が良い?

ホントです。

2,000文字以下の記事でも合格はしますが、30記事程度必要になります。

2,000文字以上であれば、4記事で合格した例もございます。

 

正直な話、多少ユーザビリティ(利便性が低いサイトでも、有益な情報が多ければアドセンスは通ります。

アドセンス不合格の理由で「利便性を考えて」とか言われたとして、ソコを直さずとも記事1つで覆ったり致します。

特に、文字数が多いほうが検索流入も見込めますので、短い記事を量産するよりは、ドッシリ濃厚な記事作成を目指しましょう。

 

 

『ミニマリストの好き勝手。』の今後。

東京ビッグサイト1F入口。

 

私の目下の目標は、サブブログのアドセンス合格です。

7記事でまだ合格しておりません。

サブブログに関しては『サイトの停止または利用不可』を通過しておりますので、後は記事数を増やすだけで合格すると思います。

 

『ミニマリストの好き勝手。』では書きたいように書き、サブブログではもう一度、ブログでプロを目指したいと考えておりますが、ココのところリライトにハマっているイカキムです。

 

このブログを始めたばかりの頃は、ただただ文章を書くコトが楽しくて楽しくてしかたありませんでしたが、ここにきてリライトが楽しくなって参りました。

しばらくは新規更新は週に1記事程度にし、リライトとサブブログに重点を置きたいと考えております。

 

 

さて、この記事がアドセンス合格を目指す方にお力添えできれば幸いでございます。

しかしながらアドセンス合格がゴールではございませんので、ぜひ初心をお忘れなく。

なぜブログを書くのか、日々ココロに留めながらの運営を、私(わたくしイカキムはオススメいたします。

 

それではまた次回の記事で。

 

 

イカキムでした!