ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ブログのターゲットは誰なのか。

時と場所と Opportunity !

ミニマリストを辞めた貧乏系ミニマリストイカキムですコンビニは!じゃないコンニチハ!

 

 

だから今日とて、ブログを書き書きするのです。

 

文章を書いていると、面白い言い回しや表現が思い浮かんだり沈んだりします。

黒川の方は3そういうこともあるでしょうヴィコントひらめくあの会館

 

ツイッターで、他所の人のさいきん私が気に入った言い回し。

私はドツボにはまって笑いウケましたが、呟いた本人は少々不安だったようです。

下り坂48のセンター年収48万円の貧乏ブロガーイカキムに訪れた切ない恋の行方は…

 

ブログでもツイッターでも、笑いと受け取ってくれるのかそうでないのか。それはそれは大変に紙一重なのです。

 

私ももちろん、悩むコトがございます。

読み手が、自身の表現を汲み取ってくれるのかどうか。

 

スマホを見て考える女性。

 

 

文章を印す上で、よく述べられるコトがございます。

「中学生でも理解できるような、わかりやすい文章表現を用いる。」

 

それは確かにそうなのですが、時と場所と Opportunity に限ると私は考えます。

ブログに関しては特に、中学生向けなら別ですが)中学生でも理解できるような文章表現は好ましくありません。

 

 

 

教科書やハウツーな書籍、新聞であれば「中学生でも理解できるわかりやすい文章表現。」は正しいと言えるでしょう。しかし、ブログはそうでないのです。

例えば、私のブログの内容がもうそもそも中学生向けではないですし、中学生が理解できるかと言えばちょっと怪しいトコロがございます。私のブログはせめて高校生以上でないと、表現方法や教養も含めて理解しづらいと思います。

 

なにも私は、中学生イカをディスっているワケではありません。その証拠に、私もかつては中学生でした。中学生の頃の私に、いまの私のブログは理解できないと思います。

もちろん、中にはずば抜けた読解力と教養を持ち併せる中学生もいるでしょうが、平均的に理解は難しいと思います。

身体の大きさは大人と変わらないのに、運転免許が取れないのと一緒です。

 

 

また、難しい漢字を使ってはいけないと言う意見も目にしますが、やはりそれは大衆向けの媒体にのみ当てはまるものです。

私は、あえて難しい漢字を使うコトがございます。なぜなら、ひらがなやカタカナで表現すると、"この"文章内では美しくないと私が感じてしまうコトがあるからです。

 

私はヒラガナやカンジや片仮名を、えてかってに文章中に登場させているのではありません。漢字の隣には漢字を置かないとか、読点が使えない2つの意味が混在する文章はある単語をカタカナにするとか、ひらがなカタカナ漢字の割合とか、そういう計算をして、使っているのです。

 

難しい漢字を使う時は出来るだけフリガナを振りますが、html でルビを振るとスマホで表示した時にひどく小さくなりますから私は極力使わず、「()」で対応するコトが多いです。

 

もちろん、あえてルビを振る場合もございます。

一方通行 アクセラレータ 」や「 はがない 僕は友達が少ない 」ナドナドです。ドナドナ。


ドナドナ DONNA DONNA

 

また、フリガナを振ると美しくない時はいっそフリガナ無しで済ませるコトもございます。

基準は、私が書いていてドウ感じるか。です。

 

 

話が逸れました。

 

それならば、イカキムは繊細微小な自身の文章(自分ではそう思ってる)を、いったい誰に伝えたいのかと申しますと、そりゃ大人以上ではあるのです。しかし、やはり大人になっても知能や知識に差が出てきます。

冒頭の「時と場所と opportunity 」も、TPOという略語を知っているからコソ面白く感じられるのです。え?面白くない?それはチミ、教養がタランのだよ!

 

例えば、私の職場の同僚の主婦さんは私と同じアラフォーですが、「後ろ髪を引かれる」のような慣用句や、「五十歩百歩」などのことわざ、「恣意的」「コンプライアンス」「マジョリティ」といった言葉の意味を知りませんし、通用しません。「月が綺麗ですね。」と言ったトコロで「死んでもいいわ。」と返ってきませんし、そもそも人妻です。

 

そうは言ってもシゴトにおいてはかなり優秀な方ですから、勉強していないだけで知能は高いと思います。

 

 

じゃぁやっぱり誰を対象にしているのだと議論するならば、そうしてブログ論ではよく語られるペルソナ設定です。

iucstscui.hatenablog.com

 

女神転生ではありません。

マーケティングにおいてそのペルソナ設定は必須であり、なおのことブログでは重要なコトなのです。最適なペルソナ設定によってPVが10倍にも100倍にもなると言われます。

 

ペルソナ設定は具体的に。例えば「20代男性30代女性」というような、あいまいな表現ではなくもっと細かに「37歳でバツなし未婚4 LDKに一人暮らしのミニマリストを辞めた貧乏なミニマリストで」ってそれ俺じゃねーか!

 

そうなのです。

ペルソナ設定においては、実在する人物がいるかのように設定するのが効果的であり、特にオススメなのは未来の自分や過去の自分をそこに置くコトであると言われます。

 

当ブログ内で何度も言っているように、少なくとも私が書いていて読んでいてオモチロイ文章を私は構築しているのです。

 

ですからこのブログは、私をターゲットとしたブログなのです。

 

私が好きなように書いて、私が面白いように書いて、そうして出来上がった文章を読むのが好きな読者を、ひいては対象にしているのです。

 

 

しかしながら、自身に向けて書いているはずなのに、読み返したりリライトしたりの段階で「ココなんでこんな表現にしてるんだろう?」と自分でもよく解らないトコロが多々あります。

私が好きなように書いて、私が面白いように書いて、そうして出来上がった文章を読むのが好きな読者を対象にして書いているハズなのに、自身の文章を理解できないのですから、果たしてやっぱり誰を対象にしているのかわかっていないのです。

 

つまり、何が言いたいんだ今回は。全くわかりませんでした。

ソレもコレも全部『ミニマリストの好き勝手。』

 

 

イカキムでした!