ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマルより遥か昔、日本人に根付いている"侘び"の精神。

イカキムですコンニチハ!

脱ミニマリスト、年収48万円の貧乏系ランナウェイブロガーです!

 

 

私はミニマリストになって、ブログをシタタメ、通勤を歩きに変え、走り始め、ミニマリストを辞め、相変わらず嫁はいないのです。

人とは、変わっていく生きものなのです。変化を続けなければ、生きられません。


【10分で分かる】チーズはどこへ消えた?

 

ベストセラー本ですが、私の個人的な評価はあまり高くありません。

『迷路の外には何がある?』 ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語

 

しかしながら、変化をし続けるという文言は否定できないものなのです。実際に私は、そして人というものは、変わり続けておりますので。

www.yamanoyume.com

 

私は、ミニマリストとして生活をしていく中で自身や生き方を探求し続け、ついにはミニマリストを辞め、ミニマリズム以前の「足りない美しさを感じて愉(たのしむ」という"侘び"の精神の導(しるべに辿り着きました。
www.ikakimchi.biz

 

 

ちょっと足りない。ちょうどいい。

今までとは何が変わったのか、説明いたします、

 

龍安寺方丈庭園。

 

 

ミニマリズムとは、芸術の分野で生まれた比較的新しい創作理論で、作品の完成度を追求する為に余分なモノを排除し、本質を磨き上げる表現スタイルとして、それが建築や哲学、果ては生活にまで芽吹き始めた、必要最小限主義を呼びます。

少ないコト、がミニマリズムではありません。

ミニマリズムアート。

ミニマリズムアート、真っ黒な絵画達 | canjosan.com

 

対して侘びとは、日本に古くから存在し、完全ではない、不足の中に美を表現する意識のコトで、江戸時代に松尾芭蕉が発展させたとも言われますが、万葉集の時代から存在し「貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識」をそう呼びます。

龍安寺方丈庭園石庭。

龍安寺方丈庭園(石庭)。ここは曇っていてはだめだ。強い陽射しではない明るい日の中で観る古茶けた塀にこそ侘びを表象し、その塀の微妙なる色合いの変化こそが、この庭の凡てである。然びたる石庭そのものも造りは素晴らしいが、塀の色合いに勝ることはない(森神逍遥 『侘び然び幽玄のこころ』)

 

奇しくも元号『令和』は、万葉集から選定されたものです。

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

 

私イカキムは、必要最小限の美を通り越し、足りないコトで心の充足を目指すという一見、矛盾した"侘び"という意識を生き方に取り込もうと考えました。

 

しかしながら「意識を取り込もう」などと考えてはみても、そう易々とは解らないものです。

かつて私はミニマリストでしたが、足らないコトを楽しんでいたわけではなく、足るを知るコトで心を満たしていたのですから。

 

 

茶道や侘びの本を、後々に読んでみよう。

そう考えて、私はいつものように走り始めたのです。

 

夜に走りましたが、Shiri によれば気温は29℃。湿度も高く走り終えれば汗だくだくで、充分に留意はしておりましたが喉が渇いております。

足らないコトへの美を試みようとも、それは命あってのコト。水分の補給をしなければ。

 

目の前には、コンビニがありました。

「Beerでも買って帰ろうか…。」

走り終えた直後に、アルコールの混じった炭酸飲料を飲もうとするあたり多少、私は壊れております。何が「足らないコトへの美意識」なのでしょう。恥を知ればいいのです。

 

例えば、汗だくだくの中年男がコンビニに来店していきます。ドコに侘びの美しさがあるのでしょうか。だくだくならば、私は牛丼つゆだくが望ましい。

 

しかしながら私はもともと細身でありますし、加えて毎日走っているわけなのですから、そんじょそこらのひよっこ10代よりも身体は引き締まっているのです。

そして私は体毛が薄く、毛なんて脇もスネも数えるほどしか生えておりません。髪はあります念の為。

男イカキムの脚。

男イカキムの脚。

ふつくしい…。

 

男性ホルモンが少ないのか、女性ホルモンが多いのか。

脱毛したばっかりの女性より私は体毛が薄いので、多分どちらも少ないのでしょう

f:id:ikakimchi:20190731220617p:image

 

男性ホルモンも女性ホルモンも少ない私は、ほかにも少ないものがいっぱいにあるのです。年収も48万円ですから、もちろんお金もありません。

www.ikakimchi.biz

 

ないものばかりで、無いものがたくさん有るというこのパラドックス。イカにしたものか。


T.M.Revolution 『LEVEL4』

 

 

話が逸れました。

Beerは購入するとして、いったん帰ってから汗を流し、それからまたコンビニへ赴くというのはどうだろう。しかし走って身体はヘトヘトですから、二度手間になるより今買って帰りたい。そんな葛藤が、私を悩ませるのです。

私の自宅は冷蔵庫がなく、いいえ有りますが電源を入れず使っておりません。
www.ikakimchi.biz

 

ビールを買って帰っても冷やしておけないわけですから、シャワーを浴びたのちキンキンに冷えたアルコール飲料をゆっくり飲むなんてコトはできないのです。買ったらすぐ飲めさぁ飲め死ぬんじゃないか。

 

そのような議論を毎度毎度に自身の中で交わすくらいなら、さっさと冷蔵庫の電源を入れると宜しい。宜しいのです。

それでも、意地か阿呆か執念か。私は冷蔵庫を使わないのです。

それは、何故なのか。

 

 

私は、はたと気が付きました。

冷蔵庫が足りていないという状況を、私は楽しんでいるのです。

足りてないなら足りてないで、どうするのが1番に最善なのか。そのようなコトを考えるのが、私は楽しいのです。

 

これが、侘び…?

 

 

少しだけ垣間見るコトができた、「貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする」侘びの精神。

 

ちょっと足りない。ちょうどいい。

 

 

イカキムでした!

 

 

参考:

デルポイ - Wikipedia

わび・さび - Wikipedia

『わび』『さび』の意味とは?違いがわかりますか?