ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマリストだって欲しいは欲しい。

↑本文はココカラ。

 

 

パパと呼ばれたい。パトロン的な意味でなく。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストを辞めたミニマリストのブロガーです!

 

 

ブログの中で「ブロガーです!」と自称するのはイカがなものでしょう。

ブログを書いている時点でブロガーなワケですから、わざわざブロガーを名乗る必要もないような気が致します。

読者はブログであるコトを知っているハズで、つまりブロガーという肩書よりも有用な情報を書いて然るべきではないでしょうか。

しかしながら私が書く内容なぞ、有って無いような合ってないようなものですので、いまさらブロガーを名乗るべきか名乗らぬべきか議論いたすトコロでもありますまい。

 

内容が無いようなブログだとして、それでも私はいつも与太話から書き始めてからの本文を描くのです。

与太話が、いま書いている通りの肩書うんちゃら内容うんちゃらという部分にあたります。

与太話はヨタヨタと右へ左へズレ転げて、要するにイカキムは何を言いたいのか解らないコトは多々あるのです。

 

わけのわからない話なんて要らないよという時の為に、目次としてイキナリ本筋へ飛べるよう致した所存でございます。

 

 

て。

私イカキムはミニマリストを辞めたミニマリストという、ブロガーとはまた違った肩書を持つのです。

www.ikakimchi.biz

 

私はミニマリストでありませんが、しかしミニマリストで括った方が便宜上よろしい場合もあるのです。

つまり私は少ないモノで暮らし、必要最小限主義的発想を持つワケなのです。ですから今回イカキムは、ミニマリストとしてお話いたします。

 

はい。じゃないが。

 

 

ミニマリストになれば、物欲が無くなるとミニマリストはおっしゃいます。実際に私はミニマリストになって、無くなりました。しかし、全く無くなるわけではありません。欲しいと思うコトは少なくなりますが、欲しいモノはミニマリストになってもやっぱり欲しいのです。

www.ikakimchi.biz

 

今は、コレが欲しい…。

ランニングウォッチ。

 

ランニングウォッチ。

 

 

人間の欲というものは根深く、コンビニに並んでいるそれがアンパンマンを模(かたどったキャンディでありグミでありチョコであり、口に含めば甘くってオイチイお菓子であるコトは2歳児でも解るのです。

食べ物だけでなく、大人が持っている長方形のそれがスマホと呼ばれ、画面をタッチすればユーチューブを見たりゲームをしたりできるコトは3歳児でも解るもので、触らせなければミセろヤラせろとぐずるのです。

 

6歳くらいの少女にもなれば、ファミリマートでくじを引いて当たると『すみっコぐらし』のヌイグルミが貰えるコトも理解できます。

すみっコぐらし。

ホント可愛いよねコレ。


彼女は自身のお小遣いで、店員の私からくじを引く権利を買いました。

こういう時、相手が幼いコほど「当たれ~ヾ(。>﹏<。)ノ」「当たれ~ヾ(。>﹏<。)ノ」と願ってしまうものなのです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

見事に彼女はハズしてしまい、「ヌイグルミが欲しかったのに…。」今にも泣き出しそうで、私は「ゴメン(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」自分が悪いわけでもないのに謝ってしまいます。

ハズレっていうか、F賞のハンドタオルでも相当に可愛く私でもホッコリしてしまうのですが、少女はくじの無慈悲さを納得できずに顔を歪めるのです。

 

「パパがぁ!パパが当たるまで何回でもくじを引かせてあげるよおおおおおおお」

って違う。そんな話ではありません。落ち着け私に子供はいない。

 

子は欲しくとも、1人では作れません。何しろ私には嫁もいませんし、そのどちらもお金では買えないものなのです。

お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで。


MasterCard CM

 

んまぁ私JCBなんですけどね。しょーがないじゃんファミマTカードJCBだから。

 

お金で買うコトのできる、私が欲しいもの。

 

 

ミニマリストだって欲しいは欲しい。

オメガの腕時計。

 

新卒の頃、私はスズキのカーディーラーで営業として働いていたコトがございます。

ある日、直属の上司である店長が私に腕時計を見せながらこう言うのです。

「コレ、何かわかるか?」

オメガですか?

「そう。営業やったらコレくらいのモンは身に付けないかんぞ。」

 

 

Ωオメガ。

腕時計と言ったらオメガであり、オメガと言ったら腕時計なのです。

オメガとは全く、お目が高い。

 

しかしながら私は、腕時計なんぞ "I am Gods child" この腐敗した世界に産み落とされてこのかた全く興味がありません。

 

時間なんて携帯電話を開けば確認できますし、オメガなんてサンダガみだれうちくらいしかキヲクにないのです。


FINAL FANTASY Ⅴ サンダガ剣みだれうち! オメガ戦

 

高級腕時計のドコラへんが良いのか、私には理解できないのです。時計を分解した時に魅せる精工で緻密に配置されたパーツは美しいと感じますが。

ちなみに、高級腕時計を個人からレンタルできるサービスがあるのだとか。

www.rupannzasann.com

 

たまにリッチな気分を味わいたい時や、オメガだけにガチな女性のお眼鏡に叶うよう口説き落とす時は重宝するやも知れません。

 

時計と言えば後は、妖怪ウォッチくらいでしょうか。


【妖怪ウォッチ】ようかい体操第一

 

ウォッチ!今何時?

 

イイエしかし私が知りたいのは今何時などではなく、今何キロであるのかというコトなのです。


鳥人間コンテスト2011 東北大学 【はやぶさ】

 

桂ァ!今何キロ!?

 

 

 空は翔びませんが私は道を走ります。

www.ikakimchi.biz

 

フルマラソンに、挑戦しようとしているのです。

 

かつては陸上競技部でしたから、ある程度トレーニングの知識は身に付いております。

毎日毎日走りに走ってようやく、ペース走やインターバルなど取り入れられる身体になって参りました。

 

私は参加するコトに意義を持つワケではなく、完走のみを目的とせず、ガチで3時間30分を切りたいと思っております。

そのために、1,000メートルを5分で走り続ける力が必要です。1,000メートルを5分の速さとは時速で言えば12キロで、陸上経験者にとってはそれほど速いわけでもありません。ハーフマラソンなら今すぐにでも走れそうです。

 

そうして私は、ペースを一定に保つトレーニングをしております。いつも距離と時間から予測をして走りますが、「だいたいコレくらいの速さ」としか認識できません。リアルタイムで走りながら確認したいのです。

スマホでも出来ないコトはありませんが、正直使い勝手が悪く、雨が降れば使い物になりません。

フィールドトラックがあればよいのですが、近所にそれもございません。

 

さすれば提案される、ハイテクノロジー腕時計。

 

 

アップルウォッチの購入を当初は考えましたが、どうやらもっとスポーティな「トレーニングウォッチ」「フィットネスウォッチ」「ランニングウォッチ」など呼ばれる腕時計が存在するそうなのです。

機能性や価格も様々で、マラソンに特化したモデルや水泳に特化したモデル、登山に特化したモデルなど沢山ございます。

もちろんPCに記録を保存したり、その記録から最適なトレーニング方法まで解析してくれたり、中には睡眠時の健康管理を目的としたレム・ノンレム情報を採取してくれるものまであります。

 

ガーミン(GARMIN)というメーカーがそのトップシェアらしのですが、PCメーカーやナイキ・アシックスといったスポーツ企業も参入しており、大変興味深い市場でもございます。

高機能モデルになると、GPSや心拍計測機能を搭載したスポーツウォッチもラインナップ。GPS搭載モデルには現在地に加えて距離やルートが確認できる場合もあり、ランニングをはじめとしたアウトドアアクティビティに活用できます。

また、心拍計測機能付きモデルは、身体にかかる負荷を計測できるのがメリット。心拍数の上下を設定しておくと、その範囲を超えた時にアラームで知らせてくれるモデルもあります。過剰なトレーニングを予防するためにも安心の機能です。

sakidori.co

 

 

う~ん、欲しい…。コレは欲しい…。ミニマリストだって欲しいのです。

部活動時代は仲間やマネージャーがペースやラップタイムを図って測ってくれましたが、いまや私は1人のみ。より効果的なトレーニングを望むなら、欲して然るべきだと思います。 

 

しかし数が多い…!

GPS搭載のモノを選べば最低限の機能は付いてまいりますが、デザイン・軽さ・駆動時間など幾通りもあって、本当に目移りしてしまいます。

高機能モデルでもブランド時計のようにウン十万円しませんので、さっさと買っちゃえばよかろうなのですが、ミニマリストにとってこのワクワクは久しぶり!

 

↓ワクワク特化ブログはコチラ!

www.choro0164-iyashibeya.site

 

しばらくはこのワクワクを楽しみながら、ゆっくりじっくり選びたいと思います。

 

 

イカキムでした!