ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

【高知龍馬マラソン】声掛け事案。『1日1ファイト運動』始めました。

 

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストを辞めちゃったけど必要最小限主義者っていうややこしいブロガー!しかもマラソンランナー目指してるんですって奥さん!

 

 

本日、15キロ走ったら新記録でしたぁ!

ガーミンのランニングウォッチ。

 

めっちゃ速いなオレ…。

時計が壊れているのか私の身体が壊れているのか、特殊相対性理論方程式が実は間違っていたのか…。

 

いや、ベテランランナーからすりゃ大したこたないのですけれど、トレーニング開始からまだ3ヶ月経過しておりません。15キロを、私の人生で最も速く走りました。

肉体がもっとも勢いづいていた頃でも、15キロなんぞ長距離を走ったコトはジョギングでもありません。

ちなみに、人生で最も長く走った距離は25キロです最近に。

 

ドーパミンがドパドパ出て、後半になるにつれピッチもストライド(歩幅も上がっていきます。

普段ならば脚はフラフラで、ヨロケながら走っているのですが、今回は走り出しから快調で、心臓も肺も脚も腕も疲れを知りませんでした。

 

走り終えれば思い出したかように身体のボロボロさ加減に気付き、途中の夜道の段差に脚をとられ転倒しまいと踏ん張った右足首が今頃になって痛み始めました。腕さえも筋肉疲労物質"乳酸"が溜まり、腕をキーボードに乗せて文字を打つのもしんどいホドなのですが、達成感からかエンドルフィンがドパドパ出ているようなのです。

いや、もしかしたら走り出す直前に歯の治療の為に歯科医にしっかい通ったので、歯茎に注した麻酔が体中を駆け巡り、実は麻痺っているのかもしれません。

 

 

そう言えば、歯医者の待合室にあるTVでニュースをやっておりました。


教師間でいじめ コピー用紙の芯で尻が腫れるまで・・・(19/10/04)

 

教師がいじめとはまぁ、今更でもありますがしかし。

子供を教育する立場である大人がそろいもそろって本当に。ゴミとしか言いようがありません。ゴミにすら失礼極まります。唾棄すべき人間です。

教員免許を永久剥奪して然るべきであります。

この期に及んでも、TVでは「いじめ」と表現しているあたり、日本は本当に腐っております。立派な暴行という犯罪なのです。恥をしればいい。

 

 

この国は、本当に淀んでおります。

心も身体も淀みきっている私が言うのもなんなのですが、救いようがありません。

 

などと、批判だけなら猿でもできる。


1993年頃のCM 反省だけなら、サルでもできる。チオビタドリンク 大鵬薬品

 

このCMの意味。

「反省の態度だけなら猿でも真似事ができるけれど、人間ならば間違いを起こした後、どうするのか。そういうコトです。」

小学生の私にそう主張したのは、私のクラス担任の先生でした。

 

私はいじめという暴行を犯したワケではありませんが、ポイズンなこの世の中を少しでも変えるコトは出来ないだろうかと考えるのです。

教育委員会に苦情を入れるか。自らが教師になるか。政界を牛耳って毒を抜くか。

否。そういうコトではありません。

 

 

私はふと、思い立ちました。

私はランナーだ。道を走るランナーを応援しよう。

 

ファイトだよっ!!

 

 

私の大学時代、かの前田建設工業の当時の代表取締役だったか会長だったかが特別講師を務める講義がありました。前田靖治(だったと思うさんが毎回毎回本当の意味でのセレブレティをゲストで招き交え授業を行います。私の出身大学はお世辞にも偏差値が高い大学でなく、べつに自身の卒業した大学を卑下するワケではありませんが、よくそのような大物を連れてくるコトが出来たものです。曽野綾子さんにもお目にかかったコトがあります。

今思えばスゲェ贅沢だったなぁ…。向こうから講義をしに大学に来てくれるんだZE?

 

で。講義が終われば宿題を出されるのです。

大学生には良くあるレポート提出。講義の次の日の朝8時までにテキストファイルに書き記して、メールで前田さんに送らなければいけません。

www.ikakimchi.biz

 

One day。

出されたレボートの課題内容は『世界の為に今、自分にできる事。』でした。

レポート提出後の次の講義の日、前田社長だったか会長だったかは皆が出したレポートに対して厳しく指導しました。

「募金をするとかボランティアをするとか、そういう事じゃないんだ。それでも構わないが、それをしてどうするのかというコトだ。しかしそういう内容が多かった。私が伝えたかったのはそういう事じゃないんだ。」

 

私はといいますと『世界の為に今、自分にできる事。』という課題に対し、ソクラテスの"無知の知"を引用して「世界の為に自分が今できるコトは、知るコトだ。」そう主張しました。

レポートは、必ずコメント付きで提出者のもとへ返ってきます。

「君は良く書けている。ソクラテスの引用も含め、素晴らしいレポートです。」お褒めの言葉を頂いたのです。

 

それが今や何も成さず、ドラクエウォークとマリオカートツアーでウホウホいってる四十路だよ!!!

 

 


鬼束ちひろ - 月光

 

走っている途中、当時のキヲクが思い出されたのです。

『今、自分にできるコト。』

 

そう言えば私はブログにて前回、妄想が捗(はかどったコトを報告いたしました。

もしも、登山のようにランナー同士が挨拶をする習慣があったなら。私は挨拶をした女性ランナーと恋に落ち、そうしてある時…。

www.ikakimchi.biz

 

…。

 

習慣がないなら、作ればいいじゃない。

 

 

声掛け事案。『1日1ファイト運動』始めました。

いつやるか。今でしょ。

 

学生時代に運動部に所属していた人や、今もスポーツに精を出す人ならわかると思います。

トレーニングや練習をする際に仲間同士で声を掛け合ったハズ、又は掛け合うハズです。

私は陸上競技部でしたので、すれ違う仲間や一息ついている仲間から、「ファイトッ!

」と声を掛けたり掛けられたりしておりました。

 

ランナーは文字通り走っているワケですから、すれ違う者同士が登山よろしく「こんにちは~」と悠長に挨拶はできません。しかし、「ファイトッ!」だけならば声を掛け合うコトが可能です。運動会の応援団の、「健闘を祈ってエール斉唱」というヤツです。

 

声を掛けるコトで人を応援できたなら。ひいては人を応援する心持ちが、人から応援される気持ちが、教師を名乗るゴミ人間の存在するコノ淀みきった世界を、少しでも…。

 

 

いいやコレは勇気がいるぞ…。相手がおっさんランナーならばまだしも、女性だったりしようものなら下手すりゃ不審者…。

ありがた迷惑かもしれないし…。

ブログの被リンクだってそうなのです。大抵の人はリンクを貼られたら喜ぶけれど、勝手に貼るなと嫌がる人もいらっしゃいます。良かれと思ってやったコトが、大きな誤解や失態を招く場合もあるのです。

 

それでも私は、リンクを貼られたら嬉しいし、「ファイトッ!」って言われたなら、きっと嬉しい。

 

 

そして、本日の私は走りも絶好調なのです。脳内麻薬がドパドパなのです。

さすれば見つかる前ゆく人が。

進行方向が同じで、私の方のペースが速く追い抜く形となりました。前の人を過ぎ去る時、私は勇気りんりんで「ファイトッ!」そう声を掛けました。

 

幸先よろしく、「ッチ…。うるせぇ。」そんな呟きが聞こえて来たのです。

もしかしたら、私の方が速いので見下されたと思ったのかもしれませんし、単純に走って息荒々しくしんどい思いをしているのに予想外に声を掛けられて、動揺したのかもしれません。

しかし私は毒を吐かれたにも関わらず、不思議と心地よくなりました。変態極まっております。

 

次の人にも、声を掛けよう。

 

綺麗事かも知れません。自己満足かもしれません。しかしそれがどうしたというのです。ブログだって自己満足ですし、マラソンだって自己満足なのです。声を掛けるのは相手がいるのだけれど、「ファイトッ!」って言ったくらいで犯罪にはなりません。

もしもなってしまったのなら、それから止めればよろしい。よろしいのです。

もしかしたら気持ちの悪いクソ野郎かもしれませんが、それでも。

 

それでも私は、「ファイトッ!」って言われたなら、きっと嬉しい。

 

 

今回は2人に「ファイトッ!」を伝えました。

数年後、高知のランナー界隈で「ファイトッ!」と声を掛け合う習慣が始まっていたら、その最初の一歩は私イカキムです。

 

数週間後、高知のランナー界隈で「ファイトッ!」と声を掛けられる事案が発生していたら、その不審者は私イカキムです。

 

 

イカキムでした!