ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

はてな:リライトを新記事として上げ直す方法。

最近、職場に台湾の娘が入って来てね…。可愛いのよ…。にひょひょひょひゃ!

イカキムですコンニチハ!

もとミニマリストの、走るブロガーさんだよ!

 

 

いつも当ブログでは本題に入る前に、与太でおハナシの方向性がヨタヨタするのです。しかし今回は、かの著名なダイエットブロガー『クッキング父ちゃん』からリクエストを頂いたのでイキナリ本筋から始めます!もう眠いしね!

 f:id:ikakimchi:20191019140331j:image

ですってよ奥さん。いや父ちゃん。

www.kukking10chan.net

 

地獄のミサワ。やり直し。

 

 

re-wrightwrite。

リライトとは、ブログ記事の書き直しをするコトです。

 

 

 

そんなブログで大丈夫か?


【PS3】 El Shaddai -エルシャダイ- (ルシフェルver) 高画質版

 

ブログリライトとは、過去に投稿した記事を再び推敲・編集・再構築し、より良い記事として書き直すコトをそう呼びます。

自身が書いた記事を後になって読み返した時、たまたま誤字脱字を見つけて修正するのもリライトにあたりますが、一般的には読者にとってより読みやすく、そしてより理解しやすくブログをリフォームするコトを指すのです。

 

コレ↓も、ある意味リライト…。

今回の記事はミスって削除してしまい、2回書きました…。

 

 

ブログ-リライトの必要性とその効果。

コスプレした河村友歌。

 

ブログを書く目的は人それぞれ、ブロガーによって異なります。

収益をエルシャダイ為。自己表現の為。趣味として。

色々あるとは存じますが皆一様に、少なからず読者を得たいと考えているのではないでしょうか。そうでなくても上手く巧く文章を書きたい・表現したい、ブログを書く人ならば誰しもがそう思っているハズです。そう思え!

 

多くの読者を得たいのならば、いまのところ)SEOを意識した文字列や文章構成を考えるのは重要ですし、たびたび読者に足を運んでもらうためには巧みな言い廻しや自己表現が必要です。

 

特別な訓練をしなくとも、ブログを書いてさえいればある程度の"書く力"は身に付くもので、改めて自身の過去記事を読み、自らの初期の稚拙な文章を思い知らされソレを書き直したいと考えている人もいるでしょう。

文章だけでなく、文字一つをとっても大きくしたり小さくしたり、色付け下線太字etc、HTMLはそれらを用いるコトを前提として作られてますから(絶対使うべきというワケではありません、ブログに自己を表す方法は様々にございます。

始めっから文章を書くのが得意な人でも、文字装飾や画像のレイアウト、動画の貼り付けなど、ブログを始めた時とは違った表現技術を身に付けているハズであるのです。

 

自身が書いたものを記事作成の直後でなく時間が経ってから読み返して、アイテムを付け加えたり冗長な部分を削ったり、あるいは白紙に戻して根本から書き直したり。

読者にもっと伝わるように、そしてなにより自身が納得し自らのブログに誇りを持つ為に、埃を被った過去記事をリライトするのです。

 

ブログリライトの目的。

  • ブログをより読みやすくする。
  • 情報を更新する。
  • SEOの為のキーワードを盛り込む。

 

 

ブログをより読みやすくする。

読み手を意識するコト。そしてなにより、書いた自分自身がその内容に満足するコトがブログにおいては重要です。

熟練したプロのライターさんでも、いつもいつも自分で納得する文章が書けるわけではないのだそうで。

「もっと分かりやすく書けたなぁ。」「タイトルが悪かったかも…。」「誤植!」

プロでもそうなのですから、素人ならばなおさらヲナラ。

ブログ開設当時の記事を後から読み返して、そのへたっぴーな文章に顔を真赤にするのもブログを書く醍醐味の一つではあるのですが、自身の文章を読んでヘタクソだと気付けるというコトはつまり、あなたに"書く力"が身に付いたというコトです。

さぁ。書き直してみましょう。

 

また、文字だけでは伝わりにくい情報も、あるかもしれません。そんな時は画像や動画を用いたり、SNSで投稿した内容などを添えてみましょう。

真面目にブログを書き続けてきたのなら、当時のあなたができなかったコトも、今のあなたならばできるバスです。

 

より読者に伝わるブログを、書いてみましょう。

 

 

情報を更新する。

ブログに載せてある情報は、常に最新のものに致しましょう。

 

今、私が書いている内容は投稿したその時からはもちろん、書いているコノ瞬間にもドンドンどんどんドンドコドン古くなっていくのです。エントロピーの増大を抑えられないのが宇宙の真理であるように、情報もまた日に日に使い物にならなくなってお逝きます。

 

例えば私は、SEO(検索エンジン最適化関連の記事を書いたコトが何度かございます。

www.ikakimchi.biz

 

しかしながら、検索エンジンが検索順位を決める要因は、日々刻々と変化しているのです。

いつまで既存のSEO技術が通用するのか、誰にもわかりません。SEOに限らず、昨日は使えたテクニックが、明日には無意味なものと化すコトが往々にしてあるのです。

古くなった情報は、もちろん古い情報として認識され、次第に間違った情報へと変化して、ついには嘘ばっかりのブログだと検索エンジンは判断し、もちろん読者の心象もよくありません。

 

日記のような日々の日常を描いたブログであったとしても、どこいらには"役に立つ内容"や"よろしくない表現"は存在しているもので、ずっと残しておくのは得策でないのです。

例:お弁当を作りました!そう言えば、「コレっくらいの♪お弁当箱に♫」の歌があるじゃないですか?アレって本当は「おにぎりおにぎり♫」ではなくて「おにぎりを握り♫」が本当らしいです! ←ネット発祥のデマです。

例:息子を預けている保育園の保母さんは優しい人ばかりで、父兄は安心して子供たちを預けられます。 ←保母さんは保育士、父兄は保護者が適切です。また、「子供」は差別表現だとされておりましたが、2013に文部科学省は"差別表現ではない"という見解を発表しました。んなコトを私はそれまで知らなかったし、初耳という読者も多いハズです。

 

天動説が間違いだったように、ニュートン力学が量子力学では通用しなかったように、普遍の真理でさえ更新されていくのは人の世の理(ことわり。

 

より新しく正しい情報を、読者に届けましょう。

 

 

SEOの為のキーワードを盛り込む。

 

 

 

 

はてなブログでの記事再投稿手順。

 

 

本日はココマデ!

リライトに関しての記事を書いているので、リライト前提なのが基本でしょう?

本当に自由過ぎる、このブログ。

 

 

イカキムでした!

 

 

 

参考。