ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

オシゴト休憩でお昼寝。のすヽめ。

『ぷよぷよ』は階段積みしかできない。

イカキムですコンニチハ!

 

 

ブログを毎日書きまくっていた頃、オシゴトのお昼休みでの習慣と言えば、ブログを書くコトであったのです。

"つれずれなるままに、昼ぐらい、スマホにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく語りつくれば、怪しいもの思われ続けれ。"

 

今でコソ気にも止められませんが、音声入力を覚えたての頃は皆にイカキムはドウカシタノカと心配されたものです。放っといてくれ。

 

 

それほどまでに熱中していたブログ更新も、現在では週に1回程度となっておりまして、お昼に怪しくスマホ相手に語りかける必要はございません。

ブログを書きたくないワケではないのですけれど、とにかく疲れ疲れて家に帰っても寝入ってしまいます。

主にメンタルが弱ってしまっているコトと、フルマラソンを目指して走り始めたコトが原因でしょうか。

www.ikakimchi.biz

 

メンタルに関しては書けば書くほど自身で滅入って寝入ってしまいますので、今回は遠慮しておく次第です。

寝入ってしまうのならば、お昼に眠ればいいじゃない。

 

お昼寝の、すゝめ。

座って仮眠を取る男性。

 

 

お昼寝というものは、いまさらトヤカク語るまでもなく良いものとされております。

学校や働く場でも、お昼寝時間を設けるトコロはございまして、私なんぞが語るコトでもありゃしませんがしかし、使い倒されたネタであっても書きたいと思えば書いて然るべきなのです。

何故ならば、いま私の文章を書いているのは私であって、そして私の文章を書けるのは私だけであるからです。

もしもあなたがブログを書いている人であるならば、ブログを書く前に「ネタ被っちゃうしなぁ…」などと案ずる必要はございません。あなたの読者は情報が欲しいワケではなく、あなたのブログが読みたいのです。

そしてあなたがそのネタでブログを書きたいのであれば、ただ書けばよろしい。よろしいのです。

 


話が、それました。


フルマラソンを目指し走り始めてからというもの、私はみるみるミラクル食欲が増し、ガッツリ食べているのにも関わらずそれでいて痩せ細っていくという減少に陥ったのです。
どのくらい食べるかと申しますと、朝はサンドイッチを2パック。お昼は弁当2つ+ラーメン又はスパゲッティ。夜はペヤングやきそばドナドナ。あとアーモンドチョコレートを、ちょこっと。

 

これだけ食っても、痩せていきます。何しろ、毎日20キロは走っておりました故。

 

おかげさまで膝を壊したのはまた別の話であるのですが、食事をすればそれはそれはお眠くなるというものなのです。

 

 

オシゴト休憩でお昼寝。のすヽめ。

PCを前にうつらうつら寝落ちしそうな女性。

 

お眠くなったら、眠ればよろしい。よろしいのです。

昼食後のお昼寝。コレがまた心地良い。

熟睡はしないものの、うつらうつら現実と夢とをたゆたうのが実に気持ち良く、メシを食らったのち厠(かわやへ赴き気張った後の30分間にただ目を閉じているだけで、心身ともにリフレッシュ!開放感が生まれます。

夜の睡眠だけでは足りない、身体と心の疲れを癒やすのです。




職場で寝るなんてご法度だ!なんておっしゃる方もおりますが、休憩時間は業務から完全に解放される時間であるのです。文句は、言わせません。

机に伏して寝ているだけで、地べたに横になっているワケではないのですから。

 

それでもそんな雰囲気の職場であるのなら、ポケーっとするのも良いでしょう。

なんとなく、スマホを触りたくなりますが、調べ物や勉強をするのならまだしも、ただ無意味にネットサーフィンをするよりは、脳と身体を休めたほうが有意義であると言えます。スマホは目覚ましとして、使いましょう。

 

 

そうは言っても、それでも邪魔をしてくる輩はいるもので、例えば事務所の電話です。

ドウシテ休憩中に電話に出なけりゃイケないんだと思いながらも、かかって来ちゃえば出てしまうのが日本人のSaGaというもの。ほかに人がいて、自分が出る必要がなくてもリンリンうるさいその呼び出しルが鬱陶しい。そうして電話口に出たところでファックスだったりしたらなお鬱陶しい。恋のダイヤル6700であるコトは絶対にないし。


Dream5 / 恋のダイヤル6700

 

また、電話をかけてきた相手が話の長い人だったりすると、昼休みは終わったも同然であるのです。恋のダイヤル6700であるコトは絶対に、ないし!

 

ほかには、コチラが寝ているのにも関わらず、わざわざ話しかけてくる奴もいるのです。コチラが寝ているのにも関わらず、です。

ソコは空気を読んで頂きたい。

世の中には、空気を読んではイケナイなどと言う、ワケのわからぬ理屈を述べる方々がいらっしゃいますが、まず空気を読むべき場合と空気を読まなくてもよい場合がありまして、ソコが理解できないあたり空気を読めない輩と言えます。しかしながら空気を読むべき場合と空気を読まなくてもよい場合があるのはもちろん大前提として、空気を読まなくてもよい場合に人にワザワザ気を砕いて空気を読むなと言っているのであれば、つまり前項を省略して語っていらっしゃるのであれば空気を読んでいないのは私イカキムであるのです。

いやはやイケハヤ。なんともややっこしい。書いていてもわかりにくい文章でややっこしい。



そんな話ではございませんでした。兎に角、邪魔さえ入らなければお昼寝というものは最高でございます。


まぁ今回のブログは昼休みを利用し、久しぶりに音声入力で書いてみたのですが。
新人さんに、変な目で見られました。

 

 

イカキムでした!