ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

現金を持たない生活。支出を減らし選択肢も減らす。

目薬とタバスコを間違える。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストなブロガーです!

 

 

導入が、うまく書けない時もある。

そんなコトも、あろうものなのです。

んだらば最初っから本題に入っちまおうとはしてみても、上手いコト書き始められない。

そんなコトも、あろうものなのです。

んだらばいっそ、今日は書かずに辞めちまおうとはしてみても、なんだか今日は書きたい気分イレブンファミリマート。

そんなコトも、あろうものなのです。

 

 

さて。私イカキムは、キャッシュレス推進派ミニマリストでございます(現金派ミニマリストの方もいらっしゃいます。

www.ikakimchi.biz

 

私イカキムの普段のお支払いは、クレジットカードかメルペイなのです。

現金払いは、めったに致しません。

そうは言っても、私の住む高知県はまだまだ日本の中でもさらに現金至上主義社会でございます。

また、災害や有事による停電やネットワーク障害、またはなんらかのエラーによって、電子マネーが使用できない場合も危惧されるのです。

その時の為に、普段から私は1万円札と千円札を1枚ずつ、マネークリップに挟み込んでおりました。

 

しかしココのトコロ、私はたった2枚のお札ですら、持ち歩かなくなったのです。

 

お札を見せびらかす男性。

 

 

いつからか私イカキムは、財布を捨てマネークリップを使用するようになりました。

ミニマリストになったばかりの当初の私は、小さい小さいマネークリップに憧れはあったものの、小銭の所存を如何にしようか悩んでおり、なかなか財布を手放せずにおりました。

 

そんな折、ドチラかのミニマリストの方がご自身のブログで、こんなふうに書かれているのを私は拝見したのです。

「小銭はどうするのかって?ポケットにそのまま突っ込んじゃえばいいじゃん。」

 

その一文に合点がいった私はポール・スミスの財布を早々にメルカリ出品し、かなり使い込んでヘタってはいたものの、千円の利益を得るコトができました。

 

それからというもの、私はマネークリップに保険証・運転免許証・キャッシュカード2枚、そしてクレジットカードを収めております。

 

ホリエモンも使っている、イカキム御用達のマネークリップ。

 

それらと共に、念の為の現金を挟んではおりましたが、はたと私は気が付いたのです。

 

現金、いる?

 

 

結論から申し上げますと、現金は必要です。

例えば、コンビニでの代行収納(税金や公共料金の支払い等)では電子マネーが使えませんし(例外あり、現金しか使えないお店に友人と食事に行くコトもございます。

そのような時、やはり紙幣は必要なのです。

 

しかしながら、必要な時に持ち出せば良いだけであって、普段から現金を持ち歩く必要はない。私はそう考えはじめました。

 

 

まず、支払いがある場合はその必要な時にATMからお金を引き出せばよろしいし、誰かと食事の際にも先んじて現金を用意しておけばイイのです。

 

そして端末やレジにおけるエラーへの対処ですが、そもそもそのやうな事態に私はやまだかつて遭遇したコトがございません。

私は現金以外にも支払い方法をいくつか持っており、電子マネーが利用可能なお店で、クレジットカードもクイックペイもiDも全部が不具合で利用不可なんてコトは万に一つも考えられません。

例えあったとしても、本人確認証を提示してお金を取りに行けばよろしいのです。

問題はありません。

 

お次は、災害時に関してです。

"電子"マネーと呼ぶくらいですから、電力がなければ使えない支払い方法ではあります。しかし災害が起こっても停電だけならば割と早くに復旧しますし、そのような時は銀行や郵便窓口の比較的簡単な本人確認でお金を引き出すコトが可能となります。

それすらできない被害状況であるならば、もはや現金だろうと電子マネーだろうと関係ありません。

そうであれば、お金は役に立たないのです。そもそもが、使えない状態なのですから。

そうなると、お金よりも普段からの"備蓄"が必要になって参ります。3日は生きられる水と食料の確保を、普段から心がけましょう。

 

有事の際は、いわずもがなです。

災害時よりも、一瞬一瞬に覚悟して命の危機を乗り越えましょう。

 

 

さあ。そうと分かれば、現金不要RPGの始まりです。

私は生活家電のない生活を送っておりますが、生活家電はなければないで意外と困らないものなのです。

www.ikakimchi.biz

 

現金も、なければないで意外と困らないものです。 

 

 

まず、ニコニコ現金払いが必要なお店には行かなくなりました。

なぜなら、現金オンリーなお店で買い物をする為には、わざわざ現金を引き出さなくてはいけません。

服や生活必需品、用品店ならまだしも、現金オンリーの飲食店に一切行かなくなるのです。現金オンリーのお店は、都会でも多いと思います(経験談。

現金がないと買えないのなら、もういいやって思えてきます。

その程度ならば、そんなに食べたいワケでもないコトがわかります。本当に食べたいモノであれば、現金を引き出してでも食べに行くからです。

 

 

その次に、自販機で買い物ができないコトに気がつくでしょう。

この件に関しては、都会で通用しないかも知れませんが、私が住む高知県のホトンドの自動販売機は、現金オンリーです。たまに、iDやEdyが利用できる機体はありますが、ごくごく中心部か、県内に2つだけ存在するイオンの中だけです。

コレにより、現金を持たない私は「ふぅちょっとひと休み」と自販機ガコンができないのです。

果たして電子マネーが利用可能なコンビニかスーパーに赴いて、自販機より安い値段で購入するコトになります。もしくは、買う選択肢を無くします。

 

 

2つ例に挙げましたが、買える機会が減るから節約になる。つまり、現金を持ち歩かなければ、衝動買いを抑えるコトができるようになるのです。

さらには、ミニマリストにとって重要な、選択肢を減らすというコトにも一役買います。

 

電子マネーしか使わないのであれば、電子マネーが利用できる店にしか行かなくなりますし、自販機を利用できないのならば、ハナから自販機から飲料を買うという選択肢がなくなります。

ミニマリストにとって、選択肢を減らすコトは重要なのです。

 

ミニマリストは、選ぶ機会を減らすコトでよりよく生きるコトを目指しているのです。

sibu2.com

 

 

このような理由で、しばらく現金不要生活を続けている私ですが、検討べき点もございました。

 

 

ある雨の日のコトです。

ファミリマート店員の私は、空を見上げます。

 

私は濡れて出勤するのもいとわない、傘を持たない系ミニマリストなのですが、ずぶ濡れでお店に赴くのを私は許しても、接客業が許してはくれません。

普段は歩いて通勤する私も、雨降りさんに負けて路面電車を利用するコトにしました。

電停で電車が到着するのを待ち、いざ乗り込まんとするその時、気が付きました。

「お金もってねーや。」

 

高知の公共交通機関は現金か、ローカルな電子マネー『ですか』しか利用できません。『ですか』は高知県内の公共交通機関でしか使えない電子マネーですから、それ以外では使用できません。もちろん、高知県内のコンビニですら使用できません。

www.desuca.co.jp

 

そんな大層不便利なものを私が持っているハズもなく、そして現金不要RPG実行中です。ひとまずは電車に乗らず、見送りました。

 

少し歩けば、ローソンがございます。

ローソンまで行って現金を引き出し、それから電車に乗ってもまだ出勤時間には間に合います。

 

私は少し濡れて、ファミリマートの競合でコンビニ業界第3位ローソンに到着し、そちらのATMへ四国銀行のキャッシュカードを挿入します。

画面に表示される文字。

『この時間帯はご利用できません。』

 

その日は月曜日で、時刻は午前6時を半分廻ったトコロでした。

毎週月曜日の0時から7時までの間、高知のコンビニATMで四国銀行のキャッシュカードは利用できないのです。

私の出勤時間は7時。そして、大降りの雨。

 

 

走れ。イカキム。

流れる汗も、そのままに。


[MV] サンプラザ中野くん「Runner (平成30年 Ver.)」〔フルver.〕

 

 

イカキムでした!