ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

おっさんミニマリスト。シングルマザーとの結婚を夢見る③

フリック入力練習中!

f:id:ikakimchi:20190630114835p:image

 

イカキムですコンニチハ!

貧乏系ミニマリストでブロガーです!

 

 

iPhone を手にしてはや10年。

私は、未だにフリック入力が満足に出来ないのです。つまり、ガラケーよろしく画面を連打。

フリックを極めれば、その速度はガラケー入力の数倍、習得したいトコロではございます。

4倍だぁー。

 

それでも頑なに身に付けようとして来なかったのは、マンドクセーという怠惰一直線の私の根性が成せる技なのです。

 

いいよーべつに音声入力あるしー。

www.ikakimchi.biz

 

そうは言っても、音声入力ですと声が周りに聞こえます(アタリマエダノクラッカー。

職場の仲間も、最初のうちは「何を1人でブツブツ呟いているのだ?独身を拗(こじらせて遂に終着したのか?」そう茶々を入れてきたものですが、今ではすっかり慣れてしまって、コッチが音声でブログを書いていても、横から話しかけてきて邪魔をするのです(鬱陶しったらありゃしない。

 

また私は雨の日、通勤に路面電車を利用するのですが、電車内で音声入力というのは恥ずかしいを通り越して迷惑行為になりますのでやめましょう。

 

さらには、驚くべきコトが起こりました。

ある日、母が私に「スマホのカレンダーアプリに予定を書き込めるようにしてくれ」と言うのです。

「なんかいっぱいでてきて妙にわからん!」

母はそう言うのですが私が確認したトコロ、つまりは利用規約に同意する旨の表示が出ていたのでした。

私は母に代わって同意するマンと化し、設定を完了したスマホを返します。

「できた?あっ!書ける書ける!サンキュー♬」

 

コレだから情弱は…。

たかだかカレンダーアプリもロクによう使わんのによくまぁスマホなんぞ購入したも…!?

おかんフリック入力してるー!?

 

私の母はスマホ歴1年未満。何故そのような技を!?

「ヨーコ(My妹に教えてもらったゲームして。」

 

社会の枠では高齢者に該当する母。そんな母が、見事なフリック入力を…!

 

 

独身を拗らせる前にフリック入力練習しよ…。

 

 

このシリーズ↓

www.ikakimchi.biz

www.ikakimchi.biz

 

コチラを見て微笑む女性。

 

 

彼氏と別れたコトをイカキムに告げるミナちゃん。

え!?っていうか彼氏いたんだ!?

「彼氏ほしー。」「再婚してぇー。」言ってたのに!?

 

事実を確認する為、私はミナちゃんをお薦めしてきた同僚主婦に詰め寄るのです!

 

「え?お薦めはしたけどフリーとは言ってないよ?」

はぁ!?えっ。いやソレはそうですけどね…。何故お薦めしたし!

「別腹よベツバラ笑。それにもう別れたがやき結果オーライよえ!」

 

なんだか良く分からぬ理屈を述べるのです。

 

 

聞くトコロによると、なんでも彼氏は東京に住む人で付き合って3年。共通の友人から紹介され、結婚を前提にイキナリ遠距離恋愛を始めたのだそう。

月に1回は逢いに行ったり逢いに来たり。しかしながら、3年経っても煮えきらない彼氏にミナちゃんは業を煮やし、遂には別れを告げたのだそう。

そうしてその後釜に、イカキムをロックオンしたのだそう。なのかどうかは知りませぬ。

 

 

「彼氏と別れた。」

ミナちゃんからそれを聞いたトキ、私は正直オドロキ桃のキ山椒のキ。

私は内心どうしたら良いかワカラヌ遭難の様相で、天候荒ぶる山からは出られない心持ちで且つ表情にもそれは出ず、さも知っていたかのようにソウナンデスカと私は言いました。

 

 

「えー!もうちょっと興味もってやぁ!」

 

興味はありますメチャメチャありす!

しかしながら前回、私は彼女との連絡先交換チャンスを蔑(ないがしろにした男です。

またもや落胆の声が響かんとする度量の無さが功を奏し、彼氏と別れたミナちゃんの寂しさを私は埋めようとは致しません。

別れちゃってたとして、たとえ知らなかったとして、私は恋人がいる女性を口説こうとしていたコトがなんともむず痒く、そして羞恥が自身を襲うのです。

そのちっぽけな肝をナントカしろ。

 

 

それでも訪れる、神が与えたもう挽回チャレンジ。

 

 

※※※

 

 

ミナちゃんが彼氏と別れた事実を知って、1週間余。

ついぞ私は自身から彼女にアプローチするコトなく、ヘタレ街道まっしぐらでありました。

いつものように、彼女と一緒にオチゴトをしておりますと、開かれる麗しきミナちゃんのお口。

 

「イカキムさん聞いてよ!私、家を出んといかんようになった!」

 

 

彼女は、あるアパートに部屋を借りて暮らしているらしいのです。

そのアパートの主が、建物を潰して土地を売り払うのだそう。

わりと家賃が安く快適だったようですが、退去しなくてはいけないコトに…。

 

「イカキムさんちって広いんやろ?新しい部屋見つからんかったら、ちょっと住まわしてや笑。」

 

彼女の言う通り、私は4LDKに一人暮らしなのです。部屋なんて、3つくらい余って余って余っちゅう。

https://www.instagram.com/p/ByzGpihAfOQ/

And Then There Were None.#minimalist #ミニマリスト #room #部屋

 

https://www.instagram.com/p/ByCTmAbgku9/

It is too broad to live alone.Want to get married…. #minimalist #room #livingroom #simplelife #singlelife #livingalone #splatoon #ミニマリスト #部屋 #リビング #シンプルライフ #シングルライフ #一人暮らし #スプラトゥーン

 

https://www.instagram.com/p/Bx-zQ_VAIAJ/

Night living room.There is only one light in the room.#mimalist #simplelife #singlelife #illumination #ミニマリスト #シンプルライフ #シングルライフ #リビング #部屋 #照明

 

もちろん、彼女の言うコトが冗談であるのはわかります。

だが、しかし…。

 

「冗談やでイカキムさん笑。電話番号も知らんのに笑」

だか、しかし…。

 

 

私は少しだけ考えて、レシートの裏に走り書きをします。090-××××-××××。

 

書き終え、そのレシートを彼女に渡しながら。

「もし、オレに興味あるなら…。」

 

 

To be continue...。


Hysteric Blue 春 〜 spring 〜

 

www.opio8.com

 

 

イカキムでした!

 

 

ツヅクンジャヨ。

www.ikakimchi.biz