ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

ミニマリストに生命保険は必要か。生命保険を解約した理由5つ。

ペンパイナッポーアッポーペンの、ドッチが本家かわからない。

イカキムですコンニチハ!

ミニマリストでブロガーです!

 

 

ドッヂボールはドッボールではなく、ドッボールが正解です。

そう思って調べてみたら、ドッボールが正解でした。

ja.wikipedia.org

 

いやしかし、私は異論を唱えたい。

アルファベットで表記すれば"dodgeball" なのだから、やはりドッヂが正解ではあるまいか。ドッジであるなら"dojjiball"であって然るべきなのです。

実際に"dojji"で検索をかけると、ドッジボールが結果に出てまいります。

 

まぁ、私の意見はさておいて、"dodge"とは「さける」「よける」の意味があるそうです。

さすれば"dodgeball"は、投げられたボールをさけたりよけたりするスポーツというコトになります。

 

いやしかし、私は異論を唱えたい。

小学校の休み時間にクラスメイトと遊んだドッジボールは、如何にボールをよけるかよりも、如何にボールをキャッチするかが重要なのです。

ボールを受けるドッジ弾平。

 

なぜならば、ボールをよけてばかりでは相手に反撃できないからであります。飛んでくるボールをよけずにキャッチして、攻撃に転ずるのがドッジボールの醍醐味というもの。

ボールを投げるドッジ弾平。

 

そして、よけるよりも受けた方が女子からモテるのです!(小学生並みの感想。

ちなみに、『攻め』の対義語は『守り』であります。あしからず。 

 

んだらばキャッチボールと改名するかと申しましても、すでにキャッチボールと名付けられた行為があるワケですので、致し方なし。

未来永劫よける臆病者の名を、ドッジボールは語っているがよろしい。

 

 

ボールはよけられても、避けられないコトが人生においてはございます。

不慮の事故や災害、怪我や病気などです。

 

起こったコトは仕方ありません。仕方がないというコトバでは片付けられないコトもございますが、結局は健康しかり、命しかり、なくしてしまうコトもあるのです。

なくしてしまったその時に、被害をできるだけ抑えるための備えがございます。

 

そう。保険です。

 

 

ミニマリストに生命保険は必要か。

 

保険商品を売りつけようとする女性営業マンと断りたい男性。

 

 

ミニマリストとなった者。

それは、捨てる者。

 

ミニマリストは、捨てるコトが本分ではありません。

しかしミニマリストになるためには、先だって山ほど所有物を捨てなければイケナイのです。

大量のモノを捨てた後、それから増やさないのが真のミニマリストなのです。

 

ミニマリズムは、モノから始まるモノなのです。

私は車を捨て、照明を捨て、冷蔵庫を捨て、イロイロ捨ててスッキリ暮らせるようになるとお次は、生活に係る経費の削減を考え始めました。つまりは節約。

 

私の月の固定費は、家賃を含め40,000円以下です!(2019/5/23。現在。

↓少し前の記事です。現在は電気代が1,000円台となり、スマホを格安シムに変更したため更に固定費削減に成功しております。

www.ikakimchi.biz

 

かかる経費が下がっていくと、ドンドン下げたくなっていくのが本能というもの。いやしかし、身長は欲しい。

上に貼った記事をご覧いただくと、私イカキムは『生命保険』をかけているコトがわかります。

月4,660円です。

 

 

生命保険。必要だろうか。

私は独り身で、子供はおろか結婚もしておりません。

生命保険。必要だろうか。

 

 

散々なやんだ挙げ句、私は生命保険を解約いたしました。

 

 

契約していた生命保険の概要。

生命保険証券。

 

私が加入していた生命保険は、私が35歳の時に友人から進められたものです。

契約した当初、私はまだミニマリストでなく、将来においても一抹の不安を抱えておりましたので、判を押しました。

 

保険契約の細かい条件や内容はございますが、概ね以下のような塩梅です。

  • 特定疾病・疾病傷害保険:生まれて始めて該当する状態になった時、90万円。
  • 軽度介護保険:180日以上の軽度介護状態が必要となった時、100万円。
  • 就業不能収入保障保険:働けなくなった時、50歳にまるまで毎月50,000円。
  • 入院保険:不慮の事故による傷害で入院した時、1日5,000円。
  • 生活習慣病入院保険:生活習慣病で入院した時、1日5,000円。
  • ガン入院保険:ガンで入院した時、1日5,000円。
  • 入院一時金保険:不慮の自己による傷害で入院した時、入院1回につき20,000円。
  • 生活習慣病入院一時金保険:生活習慣病で入院した時、入院1回につき20,000円。
  • 手術保険:手術を受けた時、25,000円。加えて、入院治療が必要な時、10万円。並びに外来治療が必要な時、25,000円。並びに放射線治療が必要な時、10万円。

 

  • 保険期間は10年。その後は料金見直しとなる。
  • 50歳満了。

 

以上。

 

指定代理請求人は、母親にしております。

 

 

月日は流れ、生命保険契約からそろそろ2年。

見直しの電話が保険会社からかかってくるかもというコトで、それを聞いた私はついでにと解約を検討し始めました。

 

 

生命保険の解約を悩んだ理由。

PCを前に悩む女性。

 

私は生命保険の解約を決定しましたが、かなり悩みました。

 

私は現在、精神科に掛かっており、いま生命保険を解約すると通院が終了してからの5年間、保険に加入しにくくなるそうです。精神科でも、です(歯科やコンタクトレンズの通院は除く。

そもそも、私は生まれつき持っているココロが脆いようなので、通院がいつ終わるとも知れません。

www.ikakimchi.biz

 

仮に生命保険に入れたとしても、かなり高い掛け金が必要であると友人から教えてもらいました。

 

怪我や病気で、働けなくなったらどうしようか。

また私は結婚願望がありますので、結婚して子供ができたら、その子の為に万が一の保険に入りたいと考えるでしょう。

新しい保険に入れなかったとして、いまの保険があるだけでも安心です。

 

いまさら結婚なんてできないだろうとは思っておりますが、願望はあるので将来を希望的観測により捉えてしまいます。

それが、私を悩ませたのです。

 

 

生命保険解約を決定付けた理由5つ。

閃きを得て手を叩く男性。

 

悩んだ挙げ句、果たして私は生命保険解約を決意いたしました。

それを決定づけた、5つの理由を紹介いたします。

 

生命保険の代わりに貯金でまかなえないか。

まず1つは、保険解約により浮いたお金を貯金に廻して、万が一の時はその貯金を利用できないかというコトです。

 

毎月の保険料は4,660円でしたので、解約すれば1年で55,920円貯金できるコトになります。そして、保険期間は50歳までです。

保険料の見直しは10年毎ですが、仮に同じ金額で50歳まで保険をかけ続けた場合、現時点(2019/05)でそれまでに13年あります。そしてその金額は、726,960円です。

つまり、いま解約してその分を貯金すれば、726,960円貯められるというコトです。

 

さて、気になってくるのは、怪我や病気になった場合に726,960円でどこまで治療できるのかというコトです。

私は男性で、男性の4人に1人はガンで亡くなるそうですので、例にとってみましょう。

 

ガン治療の費用は、ガンの種類や進行具合によっても違ってきますが、年間平均24万円くらいだそうです。

726,960円の貯金がありますので、50歳までに3回ガンになれるというコトです。なりたくはありませんが。

 

鑑みると、ガン治療においては保険がなくても大丈夫のような気が致します。

医学も進み、ガン治療をしながら働く人もいらっしゃいますので、独り身であるのならば生命保険は必要ないのではないでしょうか。

 

高額療養費制度。

意外と知られていないのが、高額療養費制度です。

高額療養費制度とは、月の医療費が限度額を超えた場合、その超えた分が戻ってくる仕組みのコトです。

 

医療費の限度額は年収によって異なります。

高額療養費制度。

高額療養費制度を利用される皆さまへ

 

私は図の『エ』に該当しますから、月に支払った医療費が57,600円を超えると、超えた分が私に払い戻されます。

健康保険適用後の、自己負担分が超えた時の金額ですから、かなり助かる制度です。

ぜひ覚えておいてください。

 

傷病手当金。

会社の健康保険に入っている人であれば、傷病手当金を貰うコトができます。

傷病手当金とは、怪我や病気で働けなくなった時に健康保険から支給されるお金のコトです。支給額は、月給のおよそ2/3です。

私は、法律的に個人事業主の国民健康保険加入者ですので、残念ながら該当しません。

しかしながら、パートやアルバイトでも、条件を満たせば雇われている会社の健康保険に加入するコトができますので、希望の方はぜひ勤め先に相談してみてください。

 

障害年金。

障害年金は、ご存知と思います。 

障害年金とは、怪我や病気で働けなくなった時、現役世代とされる年代でも貰える年金のコトを言います。

もちろん、怪我や病気で障害を負った際、生命保険に入っていたほうが金銭的に余裕がありますが、生命保険に入っていなくても生活費が0というコトはございません。

 

日本という国は、意外となかなか死なないようにできているのです。

 

なんだかんだで私はミニマリストである。

能書きをたれて参りましたが、最大の理由は私自身がミニマリストであり、独り身であるというコトです。

守るべき人がいるのであれば補償は必要ですが、私には子供もいなけりゃ嫁もいません。今後、結婚して保険が必要になるかもしれませんが、その可能性は低いでしょう。

そして、起こるかもしれない、起こらないかもしれないコトを心配するのは「将来必要になるかも…。」と言って捨てられないモノをずっと持っているコトと一緒です。

 

私の親は、私がいなくても生きていけるように自分たちで算段しております。

怪我や病気、死亡によって心配される金銭の多くは住宅ローンの支払いですが、それも私にはありません。

 

保険解約にあたって、いくつかのサイトを調べ参考にさせていただきましたが、知識さえあれば、お金の問題で死ぬコトはないだろうという結論に至りました。

保険に入っていれば金銭的には安心でしょうが、最終的に人間いつかは死ぬのです。

そして、「保険に入っていれば長く生きられたのに」なんていう状態があったとしても、それは健全ではないだろうし、辛いと思います

 

また私は、私が見ているこの世界に対して、まだ幻滅はしていませんが希望も持ってはおりません。

自身自ら…。そんな経験もございます。

 

 

以上のコトから、私イカキムは、生命保険をかけ続ける必要はなしと判断いたしました。

 

 

保険解約はよく考えて!

勉強する女学生。

 

「ミニマリスト 生命保険」で検索をかけても、あまり情報が載っておりませんでしたので、加入にしても解約にしても、生命保険で悩んでいる方の参考になればと思い書き綴ってみました。

私は保険に関して全くの素人ですので、間違った情報もあるかと思います。

また、今回私が生命保険を解約に至ったのは、私にとっては必要なかったからでございます。ミニマリストに生命保険が必要ではないという結論ではございませんので、ご了承くださいませ。

 

保険解約を検討の方は、ぜひ熟考の上、決定されますようお願い致します。

 

 

イカキムでした! 

 

 

保険あれこれ番外編。

ホワイトボードを前に説明をする女性。

 

生命ではない保険への、私の持っている考えのご紹介です。

 

健康保険。

言わずもがな、お医者さんに掛かった時に使える保険ですね。

この健康保険のおかげで、私はココロを比較的安定させるコトができますし、歯の治療をするコトもできます。コンタクトレンズを作るコトもできます。

私は比較的安い保険料で、済ませていただいてます。ありがとうございます。

 

お金がなくて保険料を払えず、病院に行けないという人でも、市役所に相談すれば短期間の健康保険に入るコトができます。

日本は、かなり住みよい国なのです。

しかしながら、保険料を滞納すると遡って請求されますし、挙げ句の果てには差し押さえまでされますので(経験あり、余裕があるのならばキチンと支払いましょう。

 

自動車保険。

自賠責保険は加入義務がありますが、ここではいわゆる任意保険を取り上げます。

私は自動車と大型自動二輪の1種運転免許を持っております。

いまは車もバイクも所有しておりませんが、乗っていた頃は任意保険に入っておりました。

 

車の任意保険は傷害や搭乗者、車両保険など自身にかかる項目もございますが、相手方への補償が最大のニーズです。

生命保険と比べても莫大な、億単位のお金を補償してくれます。

 

車やバイクは、ともすれば命をも奪う道具です。

お金を払っても亡くした命は戻ってきませんが、命を奪うかもしれない者の責任として加入すべき保険だと私は思います。義務化しても良いくらいです。

 

「事故を起こさなきゃいいんでしょ?」

そんなコトを言って入らないバカもいますが、事故を起こそうとして起こしてる人間なんて、あんまりおりません(全くいないとは言ってない。

 

最近は、1日だけの保険なんていうのもあるみたいです。自分が所有者でない車を運転する必要がある人のための保険らしいですね。

かならず、任意保険に加入してから車を運転しましょう。

 

 

 イカキムでした! 

 

 

参考:

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

ガン治療はいくらかかる?知っておきたい住宅ローンの頼れる制度と保険 |タマルWeb|イオン銀行

高額療養費制度とはどんなもの?まとめてみた - ネコ様の生き方に学べ!!

ミニマリストに生命保険は必要か - mamiの生活ノート

保険、投資、老後のお金に対するミニマリスト50代主婦の考え方。