ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

人生は結局"現在"と同じに収束する。ミニマリストの人生考察。

声優の小野大輔は、前の前の前の前の前くらいの彼女と同級生。

小野大輔。

小野大輔。

 

ブロガーミニマリストイカキム(@イカキム)ですこんにちは!

 

 

定期的に読みに来てくださっている読者さんであればご存知の通り、もはやこのブログ『ミニマリズムの好き勝手。』は、ミニマリストイカキムが、ただただ書きたいコトを描きまくるブログと化しております。

概ね、雑記ブログです。

 

あまねく雑記で迷える子羊ちゃんを導きたい、イカキムなのです。

 

 

当初の目標や目的と違ってくるのは、人生でも同じ。

私も昔は、30代が半ばともなれば年収は600万円くらいで、当然結婚をし子供も2人くらいいて、一軒家のローンを考え始める。

そう妄想しておりました。

 

実際に30も半ばを過ぎた私がフタを開けてみれば、年金は全額免除、彼女には振られ、子供は厳選と言う名のチャリを漕ぐ作業ばかりです。

厳選を強いられているサトシ。

 

 

あの時、こうしておけば…。

如何に人生を送ろうが、誰しも1度はそう思うことでしょう。

 

 

しかし、私は考えたのです。

どう人生を進もうが、結局こうなったのではないか。と。

 

交差点を行き交う人の群れ。

 

 

コチラを御覧ください。

www.ikakimchi.biz

 

 

既に社会人となっている人は、「学生の時分もっと勉強しておけば良かった」と思う事がしばしばあるでしょう。

もっと勉強をして、もっと良い学校に入って、もっと良い会社に入って、そうしていればもっと良い人生を送れていたかもしれない。

 

勉強や仕事に限らず、あの日、あの時、あの道、あの恋愛、あの三叉路。

あの選択でこうしておけば、もっと人生は輝いていたのではないか。

考えればキリがありません。

 

 

私も、そうです。

もっと勉強をして、キチンと大学を選んでおけば。

もっと企業研究をして、ブラック企業に入らなければ。

 

あのトキ、焦ってGoogle手動ペナルティを解除しなければ…。

www.ikakimchi.biz

 

 

そんなコトばかり考えます。

あの時、あの時、あの時…。

 

 

しかし最近になって思うのです。

どのみち、こうなっていたのではないかと。

  

 

漫画やテレビでも、似たような題材は数多くあります。

 

例えば、主人公の選択や機会によって真逆を描く作品。


乃木坂46 『帰り道は遠回りしたくなる』

 

例えば、シュタインズゲートのように、主人公が記憶を持ってしても結局は同じ結果を招く作品。

シュタインズゲートのまゆりの死

 

 

私は、人生においては後者であるような気がします。

どう選択しようが、機会があろうが、"今"に収束するというのです。

 

勉強をして良い大学に入り、超絶ホワイト企業に入り、遂には独立し企業したとして、結局私はココロを壊して今と大層のない生活をしていたのではないか。

 

やはり私は精神面が弱く、どう転んでも変わりないのではないか。

 

そう思うのは、“三つ子の魂百まで”と言うように、本人の気質までは変わらないと思うからです。

 

 

いくら考察しても過去には戻れないし、パラレルワールドに行く術もないのですけれど、人生に納得している人も辛い人も、変えられるのは未然のコトだけなのです。

 

 

「こんなハズじゃなかった」

私はずっと、そう思って生きて来ました。

でも近頃は、過去を省みるのはいいけれど、すがってはいけない。

そう感じるようになりました。

 

我々の生きるこの物理空間は、"なる"も"ならない"もないのです。"なった"コトしかありません(粒子レベルまでいくと別ですけれど。

ならばジタバタせず、自身を見据えようではないでしょうか。

たかが人間なのですから。

(アライグマのお父さんの受け売り。

 

 

たまには哲学めいたコトも言ってみたい。

 

 

イカキムでした!

 

 

ぼのぼの(6) (バンブーコミックス 4コマセレクション)