ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

メディアレップからブログに営業メールが来たら。

外と内で服を分けない。

ミニマリストブロガーイカキムですコンニチハ!

 

 

好みでない女性や男性とお付き合いを始め、ちょっとずつちょっとずつ自分好みに育て上げていき、見違えるほど変わった途端にフラれてしまう。

 

あると思います!

 

 

ピコン!

ある日、1通のメールが届きました。

 

メールに届いたWeb広告代理店からの営業。

 

 

そういえば、そういうのあったな…。

 

ノートPCを小脇に抱えた男性とスマホを掲げた女性のメディアレップをイメージさせる画像。

 

 

「メディアレップ」とは、Webにおける広告媒体と広告主との仲介を行う業種のコトを呼びます。

しかしインターネット広告代理店とは、少し違います。

メディアレップは、広告掲載先として効果的な(=人気のある)ウェブサイトやメールマガジンを発掘し、その媒体と共同で効果的な広告商品を開発したり、その広告商品の販売窓口となる機能を持っています。

www.okuramkt.com

 

 

かつて私は、2ちゃんねるまとめブログを運営しており、そしてその頃はそれなりの知名度だったのです。ですから、メディアレップからも、3日に1通程度は営業メールが届いておりました。

そうでなくても、弱小ブログの頃からしばしば営業メールは来るものなのです。

 

大抵私は、相手に致しません。

 

ブログ運営でもっとも私が波に乗っていた時期は、ブログサービスから提供される自動広告を配信しており、充分な収益を頂戴してましたから、敢えて他の広告を貼る必要がなかったのです。

しかしながら現在のリセラーは、PC表示だけでも試してみてくれと営業をかけられ、根負けして契約を結んだ次第なのです。

 

 

ブログにメディアレップから営業が来たら誇ろう。

ガッツポーズするポニーテールの女性。

 

メディアレップからメールが来た!そんなブロガーさんもいらっしゃるでしょう。

わりかし、女性の担当者名で営業をかけてきたり、Gmailでしたら女性の写真がアイコンに使われていたりするものですが、今回うちんくに届いたメールは男性の名前でした。

女性名や女性写真を使用するのは、相手が男性ならば籠絡しやすいし、相手が女性ならば警戒されにくいからです(当ブログで女性画像を多用するのもその理由です。

ちなみに、2ちゃんねるまとめブログだと、運営している方は男性が多いです。実際にお会いしたうち、男女比は8:2くらいでしょうか。

 

さておき。

初心者ブロガーさんの中には、このようなメールが届いて「どうしたら良いのか分からない」という人もいらっしゃるでしょう。

 

ひとまず、誇って良いと思います。

メディアレップから認められたというコトです。

 

まぁ、アトランダムにメールを送りまくる企業もあるのですが、ある日を境に営業メールが届きまくるようになります。

そのような企業からの営業メールが増えるというコトは、少なからず誰かがアナタのブログを拝見し、成長する芽が見受けられるいうコトです。

 

自信を持ちましょう。

 

 

メディアレップは小さなブログやサイトを育てていく。

ビジネストークをし合う男女。

 

メディアレップは小さなメディアだけでなく、もちろん大手ブログや情報媒体に営業をかけております。

「なんでウチみたいな無名なトコロに…?」

なんて思ってしまうのも、無理はありません。

しかしながら、やはり誇って良いと思います。

 

「いまはまだ小さなブログだけれども、もしかしたら、いずれは大きく成るかもしれない。いまのうちに取り込んでおこう。」相手はそう考えているのです。

 

 

大きなブログや大きなサイトは、ホトンドがすでにお抱えのインターネット広告代理店やメディアレップと契約を交わしております。その代理店との関係を断ち切って、他所と契約を結ぶというのはなかなか無いコトなのです。

また、そのような情報媒体の運営者は充分に知識を持っておりますから、他所に移りにくいのはもちろん、条件も厳しく提示してきます。

 

ですから芽が小さな、しかし大きく成りそうな広告媒体に声をかける、いわゆる顧客を育てるマーケティングをしているのです。

 

小さなウチに契約を結んでおけば、大きくなったあとも打ち切られにくいし、お付き合いが長い分、多少無理な案件でもお願いしやすい、交渉しやすいというワケですね。

 

 

メディアレップと契約を結ぶメリット。

取られまいと必死にギターを守る女性。

 

メディアレップと契約を結ぶ利点は何があるのでしょうか?

アドセンスやアソシエイトだけではダメなのでしょうか?

 

収益がある程度保証される。

契約を結ぶワケですから、絶対ではないものの、ある程度の収益が保証されます。

またリセラーであれば、アドセンス広告開始の手助けやアドセンス停止からの復活、NGワード検出などの技術を提供してくれます。

プロが協力してくれるわけですから、自分ひとりでブログやサイトを運営していくよりもリスクが減りますし、安心できます。

 

収益UPのお手伝いをしてくれる。

お手伝いの対価として、ブログやサイトの収益のうちの何割か(15%~25%)をメディアレップに支払うわけですが、広告媒体運営者(ブログサイト運営者)が損をするコトはまずありません。

単価の高い広告を配信してくれるコトはもちろん、広告を貼る場所のアドバイスやコンサルティングを行ってくれます。

媒体の収益UPはつまりメディアレップの稼ぎUPとなるわけですから、当然のコトですね。

 

PVアップのお手伝いをしてくれる。

PVがアップすれば、広告収入ももちろんUPします。

広告収入がアップするコトは、メディアレップにとっても利益となりますから、PVを伸ばすためのアドバイスやコンサルティングを行ってくれます。

 

 

メディアレップと契約を結ぶデメリット。

メディアレップと契約を結ぶデメリットは、兎に角ウルサイの一言につきます。

「アレ貼ってくれコレ貼ってくれ」「もっと多くの広告を貼ってくれ」「スマホもウチに任せてくれないか」

 

メディアレップにとっては収益を増やしたいわけですから、収益を増やすために様々な提案をされます。

私が経験したコトでは、「ブログデザインが崩れるから過剰な数の広告は嫌だ」と申し出てもシツコク営業をかけられました。

また、スマホ表示の広告もウチに任せてくれないかとか、このページにこの広告を貼ってくれないかとか、いろいろな要求をされます。

 

嫌ならば断ればいいのですが、わりと食い下がってこられて根負けするコトもしばしば、私ならございました。

 

ご利用は計画的に。

 

 

メディアレップとの契約時の注意点。

群馬県注意の立て看板。

 

ココでは、メディアレップと契約を結ぶ際の注意点を述べます。

 

その営業メールは詐欺かもしれない。

メディアレップと名乗る企業からメールが来ても、みだりに信用してはいけません。

実在する企業かどうか、メディアレップ業務の実績はどうか、自身で調べましょう。

契約を交わして詐欺だった。個人情報を抜き取られた。なんてコトも無きにしもあらずです。

 

他所のメディアレップとも比較する。

初メールのメディアレップと、即契約を結ぶのは賢くありません。

企業によってロイヤリティ率が異なりますし、コノ企業ではやってくれたコトがアノ企業ではやってくれないといった、サービス内容も異なります。

メディアレップそれぞれの強みも違います。

よりアナタのブログやサイトに合致した広告配信かどうか、希望するサービスは受けられるかどうか、検討しましょう。

 

初メール以降、ブログサイトが成長していけばドンドン他社から営業メールが来るようになります。

焦らず、じっくりと吟味してから契約しましょう。

もちろん、契約してからそれを破棄するコトもできますが、情から断り辛くもなるコトもあるものです。

 

初メールをくれた企業も、1年2年待ってくれますから、是非より良いメディアレップ選びを行ってください。

 

 

たまたま営業メールが当ブログにも届いたので、今回の題材に致しました。

ツイッター配信でリセラーの解説をしておきながら、そういえばメディアレップ関連のコトをすっぽり忘れておりました笑。

 

自分一人ではなく、ドコかの企業と提携するコトは大変心強く安心ですので、私は是非オススメいたします。

しかし何度も言うように、ご自身のブログサイトに合致しているかどうかをしっかり見極めましょう。

ご相談受け付けております笑。

 

 

イカキムでした!