ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストのブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

SEOに頼らない新しいブログの書き方。Google検索アップデート対策。

五月みどり!与作はぁ~♫五木ひろし!

ミニマリストブロガーイカキムですコンニチハ!

 

 

まずはコチラをご覧ください。

『ミニマリストの好き勝手。』アクセス流入1位ツイッター43%。

 

ツイッターからのアクセス流入が、43%となっております。

ブログ歴は長いほうだと思いますが、さすがにこんなのは見たコトがありません…。

PVがバレちゃいますが言ってしまうと、ツイッターからいらっしゃった人だけで、200PV近く読まれて頂いているというコトです。

誠に感謝のしようもございません。

 

最近は日に日にツイッターのフォロワーが増え、そして私はツイッターのフォロワーを増やす極意を会得したのです。

 

 

対して、検索流入の低さ加減では低すぎて笑えます笑。

SEO関連記事を書いているとは思えぬ!

www.ikakimchi.biz

 

理由はわかっているのです。

好き勝手にブログを描きすぎ!

しかし、ブログタイトルは『ミニマリストの好き勝手。』ですから、コレでいいのだ。

バカボンのパパの「これでいいのだ」。

 

 

 

さてGoogle検索エンジンの、先のコア-アルゴリズム-アップデート『March 2019 Core Update(Florida 2 Update)』について、いくつかの関連記事を私は書きました。

www.ikakimchi.biz

www.ikakimchi.biz

 

「最大のSEOはコンテンツ」であると口を酸っぱくして、私は何度もブログで述べて参りました。 

検索される側、つまりブログ運営者の私にとってはそれを一貫していてよかったのですが、検索する側にまわってみると、そうも言ってられなくなったのです。

 

 

先のコア-アルゴリズム-アップデートで、検索エンジンは権威性を重要視するようになったという報告がございました。

より正しい情報を、検索ユーザーに伝えようという試みでしょう。

その結果、企業ページや専門家のウェブサイトが上位に表示されやすいようになったワケです。

しかしながら、ネットユーザーの声はこうです。

  • 企業ページばかり。
  • 情報じゃなくて体験を知りたい。
  • 個人が情報発信するなということか。

 

私も、いまのGoogle検索は大変に使いにくく感じております。

 

 

そうした中で、お互いに読者でブロガーの『おぴお』氏が、自身のブログでこう述べられておりました。

個人ブロガーVS企業的な感じでもあるのだが、企業ブログってのは確かに厄介なことでもあるが、そもそものブログのあり方は個人がどう思っているのか?ってのをブログというものを使って個人同士で見るのが楽しみの1つでもある、ただ情報のみが欲しいのであるのならこんなに個人ブログって言うものはここまで発展しなかったのではないのか?

www.opio8.com

 

いつも社会に対する鋭い意見を述べる方なのですが、また1つ名言が生まれていたのです。

ただ情報のみが欲しいのであるのならこんなに個人ブログって言うものはここまで発展しなかったのではないのか?

 

天才はいるものです。

この一言が、検索エンジンに芽生えていた私の違和感を払拭したのです。

 

ロマンシングサガ3の閃き。

 

 

検索流入を増やすのは時代遅れ?

地獄のミサワ。それどこ情報?

 

ブロガーとしての私は、普段SEOを意識してブログを書いておりません。

意識はしていないものの、無意識にSEOを施してしまっているのは致し方なし。

兼ねてより私が提唱する「あわよくば精神」から、キーワード(検索クエリ)を捻出したりスニペット(検索結果に表示される記事内容の要約)を記載したりラジバンダリ!

動画を挿入(滞在時間延長)してみたり自リンクを貼って(回遊率向上)みたりラジバンダリ!

 

しかしながら、譲れぬモノもございます。


田村直美 PV ~ゆずれない願い~

 

例えば私は、わざとに言いまつがいをしておきます。大手コンビニをセブレイやロソーンなどと表記しているのを見たコトがある方もいらっしゃるでしょう。

人間であれば、それは冗談であるとわかりますが、検索クローラーにはどう見えているのでしょう?

『セブレイ』で検索するとセブイレが結果表示されますから、書き間違えであるとは判断しているようです。『ロソーン』も、ローソンが出てまいります。

 

ですが、わざとに間違えていると検索クローラーは思わないでしょう。

「誤字である」と判断されます。

 

 

また私は更新されたら必ず読みに行く、はてなブロガーさんがいらっしゃいます。

かの有名なダイエットブロガー!『クッキング父ちゃん』さんです。

www.kukking10chan.net

 

本当はダイエットブロガーでないコトは、ブログを読めばわかります。

ラーメンやお料理を紹介するブログを書いていらっしゃいます。

ダイエットブロガーというのは、たくさん食べているのにダイエッターを名乗っている『クッキング父ちゃん』さんの持ちネタであるのを私が「ダイエットブロガー」と紹介したワケです。

人間であれば、「いやメッチャ食っとるやん!ドコがダイエットやねん!www」と笑いを誘いますが、検索クローラーはそう受け取りません。

「ダイエットブロガーと紹介しておきながら、リンク先の内容はダイエットと関係がない」と判断し、取るに足らない影響ではありますがSEO的に私のブログは不利となります。

 

 

私は、自分が面白いと思うブログを書き、自分が面白いと思う表現を用います。ある種独りよがりで自分に酔った書き方ではありますが、実際に休日は酒に酔ってるいるし、読者のダレも面白いと感じていなかったとして、少なくとも私一人は面白いと思っているのです。

読者が何を面白いと思うのかなんて、私にはおろかプロブロガーだってわかりません。それがわかるんなら、出る書籍・出る映画・出るTVドラマすべてが大ヒットです。

しかし私が書いていて面白いと思うのなら、少なくとも面白いと思っている人間が1人はココにいるのです。

 

所詮はアルゴリズム(ここでは検索結果表示を決定づける手順)に従うロボットなのです。その内容が、面白いか面白くないかなんて判断できません。

人間にだってできないのですから。ですのでPVや滞在時間、回遊率や被リンクを用いて判断しているのです。

 

私はブログをお金目的にはしておりませんので、ゆずれる範囲ではSEOを施しますが、ゆずれないトコロは好き勝手にやっております。その結果が、検索流入8%の回答なのでしょう(まぁまだドメインとって3ヶ月たっていないというのもありますが。

 

お金目的であれば、論文のようなブログを書けば良いのです。わかりやすく要点をまとめた「How to」や「What」、「Whay」に答えられる内容のブログを。

そういう記事を書くのが面白ければ良いのですが私は潔しとせず、わざとわかりにくくしたり答えを伏せたり、そもそも疑問に答えるブログを書きもしません。

そのほうが、私が面白いからです。

 

Googleを相手に検索に引っかかるように頑張るより、いろいろな人の心に引っかかるように文章を綴っていくほうが楽しいと思うんですけどね。

www.gw2.biz

 

『まけもけ』さんのおっしゃるようなブログを書くコトができれば、検索エンジンに左右されないアクセスや収益を得られますが、私は人の心にひっかかるような文章を書けませんので、自分自身が書いていて面白いと思うブログを書くようにしております。

PVに振り回されたり、大勢の人に好かれようとしなくても、1人の人の心に届く記事が書けたらいいんじゃないかなと思います。

arutenaira.hatenablog.com

 

『ひかり』さんがおっしゃるように、1人の自分に届くように。

 

 

ココでもう一度、クッキング父ちゃんさんのブログを見てみましょう。

www.kukking10chan.net

 

SEOに頼らないブログの書き方1。『文章にキャラ(人間性)を作り出す』。

犬も好きですが、私は猫派です。

さておき、普段はラーメンかセブレイかご自身のレシピを紹介するクッキング父ちゃんさんですが、↑内容は"わんわんお"です。

私は最後まで読みふけり、あまつさえ涙まで流してしまいました。

そこで気が付いたのは、私がクッキング父ちゃんのブログを読みに行くのはメシを読みたいわけではなく、クッキング父ちゃんを読みたいのだというコトです。

お会いしたら多分、クッキング父ちゃんさんはおちゃらけた性格で少し体格の良い、優しいお顔をしたダンディだと思います。

実際はそうではないかもしれませんが、ブログを書く際は書き手のキャラが感じられる内容を心掛けましょう。

キャラを作れる人、キャラを作っても抵抗がない人はそのほうが良いでしょう。それが出来ない人は素のままに、まさに私のブログみたいに書きたいコトをただただ書き綴るだけでキャラができあがります。

キャラ作りのコツは、楽しむコトです。

ただ夢中でひたすらやっている人が一流と呼ばれる存在になっていく

www.herawata.com

 

ちょっと私が述べたいコトとは違う気もしますが、夢中になって楽しむコトだと思います。

『わたまん』さんにならって、イチロー選手の言葉を借りるのなら「マイブームは野球です」。

 

 

検索で人が知りたいコトは、情報だけではない。

虫眼鏡を覗くOL風女性。

 

見出しに読点『、』を入れるのは、SEO的に不利ですよ?笑

 

自分1人が面白ければ良いとは言っても、書くからにはやっぱり読まれたい。あわよくば収益につなげたい。

人間とは勝手なもので、もとい私イカキムは勝手なもので、そう考えてしまうのです。

 

そうして、葛藤が生まれるのです。

自身が面白い記事を書けば検索に載りにくい。検索に載る書き方をすれば自分が面白くない。

私はブログで収益化を目指し、検索特化のサブブログを立ち上げましたが、書くのが面白くなさすぎて10記事も書かずに今は停滞中です。ドメインまで取ったのに。

自身が面白いと思う書き方をして検索される人が羨ましい…。

 

ココで個人ブログが発展した理由を鑑みてみると、やはりおぴお氏に収束すると思います。

ただ情報のみが欲しいのであるのならこんなに個人ブログって言うものはここまで発展しなかった

 

私は、"共感"ではないかと考えました。

個人ブログを読んで、書き手の体験や経験を共感したい、または自身の気持ちに寄り添ってくれるような文章を見つけたいのではないか。

さあ今日も感情のこもった 焼け付くような記事を 書いていこうではありませんか!

www.rupannzasann.com

 

 

March 2019 Core Update(Florida 2 Update)』後、情報の確かさでは権威性の右にでるものはありません。

しかし、そのような検索結果でユーザーを満足させるコトは出来ないと思います。

 

やっと同じ状況の方を見つけた!と胸が震えました。

www.triplecoe.com

 

↑は私のブログを読んで言及してくださった『白うさぎ』さんの記事ですが、歓びをあらわにされております。

私と同じように、Googleアドセンス審査で『サイトの停止または利用不可』を理由に何度も不合格になったようですが、私は自身の苦労を体験としてシタタメました。

単に「こういう場合はこうしたら良いよ」みたいな記事でしたら、言及されていなかったと思います。

 

また知識などの解があるものならばまだしも、生き方や人付き合いなど答えのないものは、検索でポッと見つけるコトなどできません。

いくつもいくつも人の経験を、ブログを通して聞き自身で見つけるのです。そこには、情報の確かさなど必要ありません。体験経験を読み聞きし、自身に活かすのです。

 

SEOに頼らないブログの書き方2。『経験体験を述べて感情を剥き出しにする』。

SEO関連記事でも記述したコトではありますが、人が感じる良いコンテンツとは、心を揺さぶられる内容のものです。心が揺さぶられる内容のものとは知識で構築されているものではなく、体験や経験、そして書き手の感情なのです。

人が小説や漫画を読み、アニメや映画を観るのは、知識を求めているのではなく経験と体験、キャラクターの感情によって疑問や共感を得たいからだと私は思います。

やばい書いていて泣きそうになっちまった…

www.kukking10chan.net

 

 

サイトの情報は覆り、どれが本当かわからない。

ひぐらしのなく頃にの嘘だ。

 

天動説から地動説。電流と電子の流れ。ビタミン群の穴抜け。乳酸は疲労物質。ティラノサウルスは実は毛で覆われもふもふ。舌は全体で甘みを感じる。マイナスイオン。温暖化の原因は二酸化炭素。

 

科学に限らず情報や定説は、二転三転するものです。

いくら権威があろうとも、実は間違ってましたなんてのはしょっちゅうなのです。

もちろん、鵜呑みにする人もおりますが、本当にそうなのか疑う人もいらっしゃいます。

 

私はコア-アルゴリズム-アップデート後、検索表示結果の1ページ目を飛ばすようになりました。

知識や情報だけが欲しいわけではないし、権威があろうと実は間違っている可能性があるからです。

ですから、著者の経験が綴られているものを選ぶようになりました。それを読み、自身で考え疑い、ようやっと叡智(えいちを得るのです。

~こうこうこうです!はいわかりました!では人間成長できません。

 

私のコノ記事も、鵜呑みにはせずに疑ってかかるのですよ?笑

 

SEOに頼らないブログの書き方3。『検索エンジンではなく読み手を意識する』。

ネットはもちろんTVも新聞も、情報メディアはウソばかりがはびこっているのです。

その中でもブログやサイトを読む人間は間違っているコトを前提に読みすすめる傾向にある(とイカキムは思っている)ので、検索結果上位だから有益と考える人は少なくなるのではないでしょうか。しかも、Google検索アップデート後は使いにくいと言うユーザーは少なくありませんので、拍車がかかると思います。

そもそも、ブログは人に読まれるために書くものです。

検索エンジンではなく、人に焦点を当てたサイト構築を意識しましょう。

 

 

『SEOに頼らない新しいブログの書き方。』まとめ。

  1. ブロガーはキャラを作る。
  2. コンテンツでは経験を伝え、感情を剥き出しにする。
  3. 検索エンジンではなく、"人"に焦点を当てた記事を書く。

 

 

早くも、ブログに検索流入が戻ってきたという報告があります。

Googleは頭の良い人たちばかりがいますから、すでに危機を感じて大幅な更新を加えているのかも知れません。

 

検索エンジンは日々進化していきますが、我々ブロガーもまた、進化していくのです。

もはやGoogleにブログを合わせるのではなく、読み手に合わせた自身が満足するコンテンツ作成を目指しましょう。

 

こんなにいっぱい言及したのは、自身の考えに自信がないからだよっ!

 

 

イカキムでした!