ミニマリストの好き勝手。

ミニマリストっぽい人のブログ。4LDKに1人で暮らす、精神科通いのゆる〜いセミプロのブロガー、セミプロガーのイカキム!

I am Minimalist。

ミニマリズム、ライティング&マネタイズ、SEO多め。読者登録はサイドバー『プロフィール』から☆

年金に代わる貯蓄2,000万円を目指して。中高年こそブログをやるべき理由。

イカキムのアドセンス収益。

アドセンス収益がやっと10,000円を超えた。

イカキムですコンニチハ!

貧乏系ミニマリストでブロガーです!

 

 

私もかつてはプロのブロガー。実際に本気でブログを書いてみたら、どれくらい稼げるんだろう?そう考えるコトもしばしばございます。しかし、もし本気になって全くダメダメだったら…。そういう怖さもありまくりおですので、やっぱり私は手を抜いてブログを書くのです。稼いだトコロで、欲しいもんトカないし。

www.ikakimchi.biz

 

 

今回の話題は。

かの年金破綻2,000万円問題に伴い思いついたネタではあるのですが、シングルマザーとの結婚を夢見ていたばっかりに、書き出すのが遅くなりました。

www.ikakimchi.biz

 

2,000万円ふざけんな!

世では年金返せと行進する人々の姿が見られ、またそれを侮辱するホリエモンの姿が見られ、そしてソレを非難する人々の姿も見られました。

彼は前科者であり、ツイッター"芸"であるので、わざわざ反論して肥やしになる必要はございません。いやホリエモン好きですよ?プロの時分は彼の作った会社にお世話になってたワケですし。

 

そもそも終身雇用制度の崩壊など1990年代、私が中学生の頃から言われておりましたし、年金制度もまた同じくなのです。

何を今更。私はそう思うのですが、それは皆さんも同じだと思います。みんな気づいていて、知っていたにも関わらず、誰も口にしなかっただけです。

終身雇用なんてとっくに崩壊してますし、年金なんてとっくに崩壊しております。

誰も口にしなかったコトを金融庁が公にし、大炎上で大焼けになったまでのコトなのです。

 

私が覚えている年金の話題と言えば、年金のCMに起用された女優の江角マキコさんが、実は年金を払っていなかったという吉本の闇営業もビックリのお笑いネタから始まります。


江角マキコの年金CM

 

当時たしか大学生だった私はその事実を知った時、爆笑したのを覚えております。

聴取の為に彼女は、国会にまで呼ばれておりました。芸能界には詳しくありませんので、その後の彼女の行く末は存じません。現在もテレビに出演されているのでしょうか?知らんけど。

十数年後の今、実際年金は期待できそうにありませんから、反って彼女は功績を残したとも言えます。

 

また年金記録の紛失や改ざん、貰うべき人への未払いや横領までもが起こりました。

年金は、国民から預かったお金を株式投資で増やすのですが、それが失敗をし大損失を起こすという事態もございます。

 

さらには年金の個人情報漏洩などなど、課題はたくさんあるのです。

 

私は年金に期待などしておりませんし、そもそも現在は全額免除でハッキリ言って人並みに払っておりません。また過去に払った年金も帰って来ない、貰えないものとして納めておりました。

私より若い世代の後輩連中も、貰えないという認識で、税金のような感覚で年金を納めております。

 

 

世知辛いというもおこがましい昨今。社会や会社に見切りをつけて、副業を始め複数業:複業としてブログや動画の広告収入、投資に輸入業。単純にアルバイトなどなど、本業だけでなく様々にお金を稼ぎ備えようとする者が増えてきております。

www.ikakimchi.biz

 

また私のようなミニマリストも増えてきて、消費するコトや経済を回すコトが偉いという価値観も、若い世代を中心にどんどん薄れて来ております。

 

 

若い人たちは既にもうこのような考えですから良いとして、今の40代50代、60代前半の人たちはどうするのでしょう。

すでにしっかり貯蓄をしている人も多いでしょうし、いまからお金を堅める人もいるでしょう。また会社を退職してからアルバイトをする人も多いのではないでしょうか。

今日日シニアは私たち若い世代よりも元気な方が多いと思います。

 

ですから私は、40代50代もしくは60を過ぎた人たちだからこそ、ブログを書くべきだと思うのです。

 

 マッキントッシュでブログを書くシニア。

 

 

「ブログはオワコン」などと言われますが、オワコンなのはそれを言った本人であって、ブログは絶対に終わりません。べつにイケハヤを嫌いではありませんが。念の為。

ホリエモンとイケハヤが討論をしたらドチラが勝つでしょう?まぁホリエモンでしょうねぇ。

 

さておき、テレビも終わりませんし雑誌も無くなりませんし、新聞だって有り続けます。年金はどうか知らん。

 

 

40代50代にもなればお子さんがいてもその手を触れ、ご自身も一段落ついているのではないでしょうか。

標準以上の会社に就職をしていれば、お金や時間も余ってくる頃合いでしょう。

 

その余った時間でゴルフは兎も角、おねぇちゃんのいる店で費やすばかりなのであれば、その時間をブログに使ってみてはいかがでしょう。

 

会社でも、それなりのポストに就いていると思います。

若手より、極めて高い知識があり経験があります。それをブログに書き、世界中に広げてみませんか?

 

例えば保険会社に勤めている方だったら、良い保険の紹介や保険を選ぶ目利きだったり、そういった保険に関する情報を書いたりしてみましょう。

しかしそれだけでは説得力がありませんので、自身の体経験を踏まえて書くのです。

 

例えば私の父は昔ながらの大工ですが、昔と今とでは家の建て方が違うそうなのです。

ですから、今の技術が通用しない古い家を改築したり増築したりする場合、昔ながらの大工さんが求められるのですが、その技術を持つ大工さんも数がどんどん減っているそうです。それをブログに書いてみたり、古い技術が継がれていくコトの重要性や、その想いを書いてみてはいかがでしょうか。べつに父に向けてのメッセージではありません。念の為。

自身の体経験を踏まえて、書くのです。

 

実際に自身の仕事内容や体験をブログに落とし込んで書いている、私と同年代の男性がはてなブログにいらっしゃいます。

www.mayaaaaasama.com

 

それでは、就職せずにずっとアルバイトだった方はどうすれば良いのでしょうか。そのような方もいらっしゃるでしょうし、私もそのつもりです。いまさら就職なんてしませんしできません。

しかし私は満足です。結婚はしたいですが。

www.ikakimchi.biz

 

何も恥じる事はありません。

アルバイトでも生きていけますし、逆にその経験をブログに落とし込むのです。

www.ikakimchi.biz

 

 

すでに60歳を過ぎていて、まだ年金を貰っていない方はなおさらブログを始めましょう。

たしか私の母が、61歳から年金をもらえるラスト組だったと思います。それ以降の方は、年金を貰うまで5年ないし10年の猶予があるでしょう。

5年もあれば、ブログでちまちま稼ぎ始めるコトが可能です。なにしろ若い人より時間はあるのです。

「年寄りがいまさらブログなんて…」

そんなコトを思う必要はありません。むしろ歳を召しているからコソ、書くべきです。

 

今後インターネットにおけるコンテンツでは、チープなSEOなんかの知識より、あなたの持つ経験が何より重宝される日が来ます。

その経験が、若い世代の我々よりずっと重みのある言葉を紡いでくれるのです。

 

そして、ブログから人脈が広がり仕事を依頼されたり、ブログを書くコトによって出版すらできるようになったりします。

www.wassy-dempa.com

www.mayaaaaasama.com

 

ブログが功じて、私も配信を始めましたし、その知識や経験を糧にして収益化を図るコトもできます。

あなたの知識や経験は、そのようにして人の役に立ちそしてお金に変わるのです。

 

一生、挑戦し続けられるのです。

 

 

 

ブログを始めるのは大変カンタンです。スマホが1台あればできます。

大げさでも何でもなく、本当にスマホさえあればブログを書くコトができるのです。

 

難しいコトはよくわからないとおっしゃる方もいるかも知れませんが、今の60代以下の方でスマホを触った経験がないという人はいないでしょうし、PCを触った経験がないという人もいないでしょう。

私の父は70代で未だ現役大工ですが、Excel で見積書を作成おりますし、父の兄は一級建築士でCADを使って設計をしております。

私の母は見事にフリックで文章を入力しますし、90歳が近い私の祖母はテレビ番組をHDDプレイヤーに録画して、見終わった番組は自分で消しては新しい番組を録画予約します。

ブログを書くのは、そんなコトよりも簡単にできるのです。

 

 

バブル世代は役に立たない奴が多いとか団塊の世代は役に立たない奴が多いとか、よくを揶揄されるのを聞きますが、今こそ若い奴らへ反撃です。

 

どんなに才能のある若者でも、経験に勝るものはないと私は考えております。

 

説法の多いおじいさんは、過去の過ちを若い世代に伝えるのです。

自慢話や過ぎた栄光にすがるおっさんは、どうやって成功してきたのかを若い世代に伝えるのです。

子や孫や、後輩や部下にだけでなく、ブログを通して全世界に発信、いや発進しませんか?

 

そして、2,000万円貯めましょう!

 

 

イカキムでした!